ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

最も簡単だけど王道。自主制作アニメの作り方と使用ソフト

f:id:Rosylife:20180201220808j:plain

新作の自主制作アニメ「BOOM!」 

 

こんにちはCGデザイナーやりつつ自主制作アニメを作っているアリマです。

インターネットが発達したことにより、Youtubeやtwitterで作品を発表できる場が増えたので「自分でアニメを作ってみたい!」という人も多くなっているように感じます。

あなたが何歳だろうと自主制作アニメを作ることが遅いということはありません。

というより、人生の酸いも甘いも知った人のほうが良い作品を作れるんじゃないかな。

 

なにより実績も年齢も関係ありません。

10作目だろうが初めての作品だろうが、年配だろうが学生だろうが関係なく

作品だけで評価が決まります。

明日、人生が変わるような出来事が起きるかもしれないのです。

と、いくつになっても夢を見れるのが自主制作アニメの素晴らしさじゃないかな。

僕は人生経験も時間もたっぷりあるおじいちゃんになってからが創作の本番だと思っています。

 

自主制作アニメを作る方法

アニメを作る方法はたくさんあります。

  • 手描きアニメーション
  • 3DCGアニメーション
  • ストップモーションアニメーション
  • クレイアニメーション
  • 2DCGアニメーション

 

ちなみに僕は3DCGで制作しています。

詳しくはこちらに書いてるのでCGアニメーションに興味ある人はこちらを見てみてね。

 

この中で最も一般的なのが手描きアニメーションではないでしょうか。

専門的な知識がなくても、とりあえずそこそこ絵が描ければ出来るので。

こないだクリエイターさんの集まる合宿で手書きアニメを作ってる人に聞いたところ、

「Photoshopで描いて、Aftereffectsで並べる」

「クリスタで作った」

というなんとも予想通りの答えが返ってきました。

やはりそれが王道なんですね。

 

特にアニメーションの勉強をしたことがなくても、絵が描ければあとはパラパラ漫画の要領でなんとかなります。

そうやって独学で、趣味で自主制作アニメを作った人を何人も知っています。

手描きアニメーションをつくるには

【イラストを描くソフト】と【編集するソフト】

が必要になります。 

 

おすすめのイラストソフト

絵描きさんの中で人気がある定番のイラストソフトは

  • Photo Shop(月額980円)
  • CLIP STUDIO(PRO版5000円、EX版23000円)
  • SAI(5400円)

の3つです。

Photoshopは絵を描いたり写真を加工するソフト。

プロのデザイナーが使うソフトなので、将来デザイナーになりたい!という思いがあるならphotoshopの使い方を覚えておけば役に立ちます。

でも月々お金がかかるのはなんかイヤですよね。

機能が少ないけど安価で手に入るフォトショップエレメンツ(13000円)というのもあります。

 

アニメーションを作るのに最も適しているのはCLIP STUDIOのEX版です。

他のイラストソフトだと編集ソフトに持っていくのが面倒なのです。

詳しくは公式ストアを見てみてください。

CLIP STUDIO PAINT EX

 

フリーのペイントソフトだとメディバンペイントというものがあります。

知り合いのアニメーターさんに教えてもらいました。

photoshopのイラスト機能だけを使うようなソフトで使いやすいとのこと。

実際に触ってみると手ぶれ補正機能があって、photoshopよりキレイな線が描けます。

お金をかけたくない人はまずはこれを触ってみてはどうでしょう?

 

2019年に発表された、イラストレーター2661人のアンケートを集めた「イラストレーター白書2019」によれば、イラストレーターさんの使用ソフトのシェアはこのようになっています。

 

CLIP STUDIO シリーズ 78.5%

Photoshop シリーズ 37.1%

SAIシリーズ 23.4%

Illustratorシリーズ 15%

MediBang シリーズ 13%

ibis Paintシリーズ 10.5%

 

やはり無料ペイントソフトだとメディバンペイントで間違いないようですね。

 

おすすめの編集ソフト

問題は編集ソフトです。

イラストソフトで描いたイラストを編集ソフトに読み込んで、つなげたり音楽や効果音を入れたり、エフェクトを入れたりするのです。

 

これはAftereffectsしかありません。

映像制作の仕事ではほとんどの人がこのソフトを利用しています。

年間契約だと月額1680円で月々プランなら月額3480円かかりますが、自主制作の編集作業だけなら1ヶ月あれば良いので、必要なときだけ契約して利用するという方法が良いのではないでしょうか。

Aftereffectsが使えるようになれば、映像制作のお仕事も受けれるようになりますしね。

 

無料で何かないかな?と探して少し見てみると「AviUtl」というフリーソフトの評判が良さそうなので、無料で使いたい人はこちらを調べてみてはいかがでしょうか。

 

映像編集にはある程度のスペックの高いパソコンが必要です。

どれくらいのスペックが必要なのか、いくらくらいするのかはこちらの記事で詳しく書いたので参考にしてくださいね。

他の人に協力をお願いする

自主制作アニメを作りたいけど、自分は企画だけしてお金を出して誰かに作ってもらいたい場合や、音楽を作ってほしい、英語に翻訳してほしい、エフェクトだけ作ってほしいといった時に便利なWebサービスもご紹介しておきます。

「スキルのフリマ」として注目をあびているのがココナラ

個人が個人に気軽にお願いできるのがとてもおすすめです。

 

クラウドソーシングでお仕事を依頼するクラウドワークス、ランサーズがあります。

こちらはまとまったお金でプロに仕事を依頼するというものです。

 

自主制作アニメができたら

作った作品はぜひコンテストに応募しましょう。

表彰式などは人生の思い出になること間違いなし。

受賞できなくてめちゃくちゃ悔しいときもあるけど、それもまた醍醐味のひとつです。

 

とくにCGアニメコンテストは入賞すればクリエイターとの輪が大きく広がるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 

 

無料のCGソフトBlenderの可能性

BlenderというフリーのCGソフトがあるんですが、CG業界でもこのフリーソフトで仕事を会社も増えています。

手描きのような質感で出力することも可能なので「背景の建物はCGでつくっちゃう」という方法もありますし「Blenderで背景のアタリだけつくる」という方法もあります。

さらにBlenderにはグリースペンシルという機能があって、これを使いこなせばBlenderで手描きアニメも制作することが可能なので、気になる人はチャレンジしてみてはどうでしょう。

こんなことが出来ちゃいます。

自主制作アニメの基本

フレームレートは24か30で作りましょう。

つまり1秒に24コマか30コマということ。

なんでかって言われても、だいたいそうなんですもん。

僕はいつもフレームレート30で作ってます。

「3コマ打ち」でフレームレート24で制作するなら1秒につき8枚の絵が必要になるということになります。

「ここは2コマにしよう」とかそのへんは自由です。

 

 

自主制作アニメの尺については、コンテストに出すなら10分以内のほうが良いと思います。

「10分以内」という規定のコンテストも多いし、長すぎると審査員がダレてしまいますし、10分以上の大作となると時間とモチベーションも問われますので、完成させることが難しくなります。

サイズはとりあえず1920×1080のフルHDで作っておけば良いかと。

 さぁ、さっそくお話を考えて絵コンテを描くのです!

 君に僕の作品以上に面白いアニメが作れるかな?

ふっふっふ。 

 

他にも創作活動について、こんな記事も書いているので見てってくださいまし。