読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

どうしても、最高の物語を作りたいんだ。

24fpsと30fpsの違い、フルアニメ、2コマ打ち、3コマ打ちどれが良いのか比較してみた

創作活動

こんにちはCGデザイナーのありまと申します。

自主制作アニメなんぞを作ってますが、僕はきちんと学校でアニメとか映像の知識を学んでないので、フレームレートとかよくわかってません。

でも、フレームレートの違いでアニメの印象も変わってくるので、そろそろいいかげん果たしてどれが自分的に一番気持ちよいのかというのを見定めたいと思います。

 

24fpsと30fpsの違い

フレームレートとは1秒間に何コマあるかって数字で、1秒間に24コマだと24fps、30コマあれば30fpsとなります。

一般的にアニメや映画は24fps、テレビは30fpsで作成されていますので、感覚的に24fpsの映像を見れば映画っぽく感じるのでしょう。

 

フルアニメ、2コマ打ち、3コマ打ちとは

フルアニメとは24fpsなら24コマとも動いてるものです。

2コマ打ちとは動いてる絵は12コマで2コマづつ動いてるやつです。

フレームレートは12ってことです。

3コマ打ちはそれが3コマなので、フレームレート8になります。

一般的にアニメだと描く枚数が減れば予算が少なくて済むので3コマ打ちが多いようです。

フルアニメじゃないものをリミテッドアニメと言ったりもします。

 

じゃあどれが良いのか

フルアニメだとかリミテッドアニメだとか言っても、結局どれが一番気持ち良いかが大事なので、フルアニメで見せるカットもあれば2コマ打ちや3コマ打ちを使うカットもあるようです。

そう、つまり見た感じ気持ちよいのを選べばいいのです。

 

てことで、動画で比較してみましょう。

まずは24fpsの

フルアニメ(フレームレート24)

2コマ打ち(フレームレート12)

3コマ打ち(フレームレート8)

の比較した動画。


そして次に30fpsの

フルアニメ(フレームレート30)

2コマ打ち(フレームレート15)

を比較した動画です。


さぁ。どれが気持ちよいでしょうか?!

 

まとめ

CGの作品で2コマ打ちとか3コマ打ちをするとアナログっぽさをだそうと必死感が出てしまうので、相性は良くないかも。

僕のようなちょっと2Dっぽい質感なら2コマ打ちでもいけそう。

なかでも30fpsの2コマ打ち(フレームレート15)はけっこう心良い気がします。

実際、スヌーピーのCGアニメ映画「I LOVE スヌーピーTHE MOVIE」では2コマ打ち、時には3コマ打ちで作られていて、質感のほっこり感とあいまってストップモーションのような心地よい表現になっています。

 

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます