ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

創作活動とは?一生の趣味になるおすすめの創作の種類をご紹介

創作活動の趣味があれば、あなたの人生から暇という文字が消えてなくなります。

 

「僕には出来ない」と思い込んでる人は多いと思うけど、ネットで調べれば大抵やり方も載ってるし、教室があったりします。

 

趣味として長く楽しんでれば、もしかしたら仕事にもなっちゃうかもしれません。

老後の楽しみにもなるし、仕事にも繋がるすごく魅力的な趣味が創作活動なのです。

 

「何か物づくりをしたいけど、何をやろうか?あわよくば仕事にもなれば嬉しい」という人も多いと思うので、趣味におすすめできそうなものをまとめてみました。

 

絵を描く

f:id:Rosylife:20170618001330j:plain

やっぱり定番はこれ。

絵は太古の昔から人類と共にあるように、誰もが魅了されるもの。

かつては洞窟の壁に描くだけでしたが、現代ではブログやSNSや投稿サイトなど、インターネットにはたくさんのイラストや絵が世界中を飛び交っています。

 

さらに自分の描いたイラストを簡単にTシャツなどのグッズにしてくれるサービスまであるんです。

あとはLineスタンプも自作すれば、自分で使うだけでも楽しいのに売れたらめちゃんこ嬉しい。

 

絵を描くことが出来たら、その先はさらに世界が広がります。

漫画、絵本、紙芝居、アニメ制作など。

 

さらに絵を描かなくても、色を塗るのだけ楽しむという「大人の塗り絵」なんかも最近は人気になってますね。

 

字を書く

詩や小説、書道、日記、コピーライティングなど。

 

小説はコストもかからないし、今では簡単にKindle本が出版できるのでいつか書いてみたいなぁ。

文章の持つ力というのはほんとに大きい。

僕がこうやってブログを書いてるのも、文章を書く練習をしたいという意味もあります。

コピーライティングの力は生かせる部分がとても広く、今の時代に必要な能力のように感じます。

 

 映像をつくる

アニメや映画、youtube動画、結婚式ムービー、お子さんのDVDなど。

今では動画編集ソフトもとても使いやすくなっていますしyoutubeですぐに発信できるので、誰でも簡単に映像作品をつくることができます。

 

個人で映画やアニメをつくる人もたくさんいて、コンテストや映画祭もたくさんあります。

僕も自主制作アニメでいくつか賞を受賞してるんだよん。

ふふん。

 

花でつくる

f:id:Rosylife:20170618001737j:plain

花でつくるものといえばフラワーアレンジメント。

そして長期的に形を維持できるプリザーブドフラワーやドライフラワー。

女性は花が大好き。

正直、僕は桜を見てもなんとも思わないけど。

でも母の日には毎年花をプレゼントしてます。

 

彫刻

 

We have the best models for our work.

OKAMOTO STUDIO Custom Iceさん(@okamotostudio)がシェアした投稿 -

彫刻といえばミロのヴィーナスを思い浮かべますが、最近テレビで見て驚いたのはチェーンソーアートと氷の彫刻。

特に氷の彫刻は仕事としてやっている人もいて、イベントで飾る大きなものを作るんです。

宮元武蔵も木彫りの彫刻が得意だったそうです。

たしかに、始めると無心でやっちゃいますし、精神になんか良さそうですよね。

なんとなく。

 

レザークラフト

f:id:Rosylife:20170115222607j:plain

やっぱり男なら革ですよね。

僕も財布や手帳は革のものを使ってます。

革ジャンも奮発しました。

 

でも、革製品のために動物が殺されてると考えるとなんか複雑なのでレザークラフトは興味はあるけど手が出せていません。。

レザークラフトは体験教室も多くやっているので、検索すればすぐに出ると思います。

 

 

何を隠そう僕のお兄さんは陶芸教室で奥さんと出会って結婚しました。

今でも自分たちでつくったお皿で食事してます。

 

3DCG

f:id:Rosylife:20170617153144j:plain

僕はCGデザイナーなので、趣味でCGやってる人がちょっと羨ましいです。

3DCGを使えば、ひとりで世界まるごとつくれます。

いまだと3Dプリンターなんかもできますし。

とはいえ時間が膨大にかかるので趣味でやるにもなかなか大変かもしれませんが。

趣味でやるならば無料ソフトのBlenderがおすすめ。

 

ミニチュアをつくる

インスタグラムで見つけたこちらのかわいいミニチュア画像。

どうやってるんだろうと思ったら、この人形は売ってるんですね。

大量に。

だから誰でも簡単に始めれるんです。

 たくさんのミニチュアで建物など、世界をひとつ作ればそれはジオラマと呼ばれます。

 

ホームページ、サイト、ブログ

色んな呼び方があります。

webデザインは知識が必要だけどブログなら知識は必要なく始めることができます。

僕はブログが趣味みたいになってます。

なにが楽しいって、育てている感覚でしょうか。

少しづつ積みあがっていく感覚が創作活動と呼べるものだと思います。

純粋にアクセス数を増やすのを目標にしてブログをやってもお金を稼げる可能性があるので楽しいかもしれないけど、創作活動を発信していくものとして利用するのがおすすめ。

 

キャラクタープロデュース

自分のとっておきのキャラクターをプロデュースするのも面白い。

絵がかけないならラフを描いて、プロに描き起こしてもらおう。

それでLineスタンプをつくったり、twitterでつぶやいたり。

ツワモノになれば自分で気ぐるみ作って中に入ったり。

 

DIY、日曜大工

100円ショップやホームセンターで資材を買ってきて、机や棚など自分で欲しいものをつくっちゃおう。

最近はこういったのをテレビでやってることも多く、人気があるんでしょうね。

僕も昔、自分の部屋のテレビに大理石のシールを貼って大理石風にしました。

なんでそんなことしたんだろう。

 

ゲームをつくる

スマホアプリを作るにはプログラミングが出来ないとつくれません。

でも、簡単なアプリなら独学で勉強してアプリを作ってる人はいます。

それでもお金を稼ぐということでは参入者が多く、狭き門になっているように感じます。

 

僕がおすすめしたいのはボードゲームやカードゲーム。

これなら面白いゲームさえ考えつけば、それだけで仲間と楽しめるはずです。

イラストの得意な友達に手伝ってもらったり。

もしかしたら、いくつか売れるかもしれません。

僕も実は競馬のボードゲームを作りたいという野望を抱いているのです。。

ただ、ルールを考えても競馬友達が周りにいなくて試せないので、楽しいかどうかもわかりません。

 

他にもゲームブックなんかも面白そう。

 

装丁

ちょっと地味だけど気になるのが装丁。

ブックデザイナーなんてしゃれた呼び方されてますね。

自分が書いた漫画や物語を自分で装丁して本にしてみたい。。

木の皮とかの自然素材を使って装丁すればオリジナリティ溢れる宝物の本が出来上がるんじゃないかな。

 

作曲する

音楽ほど本能に訴えるものもない。

幼い乳児でも、音楽には乗ってしまう。

それくらい人と切っても切り離せないものなんだろうなぁ。

 

作曲は敷居が高いように感じますが、最新テクノロジーを使えば可能です。

作曲できるアプリがあるのです。

いろんな音を組み合わせて時間をかければ本格的なものが作れます。

さらに、「鼻歌を音符にしてくれるアプリ」もあります。

つまり、鼻歌を音符にして、その音符を元にアプリで作曲すれば、自分の作りたい曲が作れるのです。

それでも難しくて、挫折したのが僕ですが。

 

ハンドメイドでつくる

最近はminneとかメルカリが大人気で副業でハンドメイドされてる人も増えています。

minnneを見てみると服などのファッション系から、ピアスなどのアクセサリーに編み物、ぬいぐるみ、帽子、靴など、ほんとに大抵にものがハンドメイドされています。

 

てかよく考えたら、こんな長々とした記事を読まなくてもminneの商品を眺めてたらどんな創作活動があるのか一発でわかってしまうじゃないか!

 

僕が気になるハンドメイドは帽子作りかな。

ハットとか作ってみたい。

 

まとめ

実はこの記事は自分のために書きました。

なにか新しいことをやってみたい。

他にも気になったものがあれば随時追記していきます。

色んな創作活動の種類をざっと見渡してみて、気になったものを自分で深く調べてみよう。

創作はそこから始まるんだ。