ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

「ファンタジー世界の地図を描く」を読んで実際の世界の地図を描いてみた

自主制作アニメがインディーズアニメフェスタで審査員賞をもらったのですが、その副賞が「お好きなボーンデジタルの書籍を1冊プレゼント」というものでした。

 

ボーンデジタルの書籍といえば、3DCG、デザイン、ドローイングといった本で有名なんですが、「せっかくなので、わくわくする本にしよう!」ということで、書籍の一覧を眺めていると。。。

 

ひとつだけ、とても気になる本を見つけました。

それがこちら。

ファンタジー世界の地図を描く

ファンタジー世界の地図を描く

 

f:id:Rosylife:20180311160534j:plain

海岸線、山、森、川、道、タイポグラフィ、アイコン、境界、装飾といたものの描き方が書かれています。

ふむふむ。

内容としましては、「でしょうねぇ」という感じです。

わかりやすいけど、ざっくりしてます。

この本を見たら地図が描けるようになる、描けるノウハウが身につく!というより、わくわくさせてくれて、描きたくさせる、という効能があるように感じます。

見本がこちら。

f:id:Rosylife:20180311160727j:plain

僕も描いてみた

本を買うときに「こういうのが描きたい」というのが頭にありました。

それは北海道の競馬の生産牧場のマップです。

(僕は競馬が大好き)

 

「これはステキなものが出来上がるでぇ!」という予感があったのです。

さっそく描いてみたのがこちら。

f:id:Rosylife:20180311162315j:plain

 北海道の牧場を城を現してます。

どうでしょう。

なんのこっちゃだと思います。

誰も興味ないことでしょう。

でも、なんかそれっぽくなりましたね。

満足です★

 

でも、この本絶対売れないですよね。

誰が買うんでしょう。

僕もボーンデジタルのサイトを見ないと、見つけなかったでしょうし。

しかも4000円しますからね。

 

実はこれ、副賞じゃなく自分で買いました。

もうひとつ気になる本があったので、副賞はそっちにしました。

(そちらの方が少しだけ高かった)

その本の感想はまた次回。

 

こういう、仕事に関係ないし、あんまり「意味」みたいなものはないけど、自分がすこしわくわくできる本というのも良いものですね。