ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

フォトリアルなCGが意味のないたった1つの理由

トイストーリー1がCGで作られた最初のアニメ映画として有名です。

あれから、25年。

 

あらためて見るとトイストーリー1の映像程度なら、今のCGソフトのレンダラーを使えばちょちょいと作ることができます。

単純にリアルさ、という意味でね。

 

3からはほんとに背景なんか実写のようになっています。

4はもう完全に実写です。

まぁ、それくらい本物そっくりなわけです。

 

で、こないだ4歳の子どもに聞いてみたわけです。

「トイストーリーってさ、1に比べて3はCGがめっちゃ綺麗で、本物みたいやろ?」

 

子ども

「んーん。全然。

まったく一緒。

どっちも綺麗。」

 

そういうことなんです。

子どもからしたら一緒なんです。

子どもとしては、CGのクオリティは1でいいから、毎週のテレビシリーズをやってほしいのです。

ふぅ。

 

そりゃまぁ、昔はリアルなCGを作れば「すごいなぁ」とびっくりしたでしょう。

いかにリアルか、が大事な要素でした。

 

ピクサーなんかだと「ここは、雨が降れば、このあたりがさびるから、こういうテクスチャにしてるんだ」という誰も気づかない拘りをクリエイターが盛り込みまくってます。

「そういうこだわりが、人々を感動させるのさ。神は細部に宿るのである!」と作り手は言うでしょう。

それがすごい正解っぽいですよね。

名作と呼ばれるものには、とにかく拘りがつまっています。

それで結果も出てるし。

誰も異論は唱えられない空気が漂っていますよね。

 

仕事でも、よくそういう空気を感じます。

とにかくリアルに、本物と同じように。

映像を受け取る人たちが何をもとめているか、ということではなく、仕事の受注先にどれだけ評価をされるか、ということを1番に考えています。

もちろん、これもそれで結果で出ていて、正解っぽいので、誰も文句は言えません。