ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

3DCGソフトの違いを世界一わかりやすく比較しよう!

3DCGソフトはどれを使えばいいか。。

そもそも何があって、どう違うのか。

初心者の人にもわかりやすく説明してみよう。

ドラクエ風に。

え?そうじゃない?

 

勇者 maya

f:id:Rosylife:20180827003132j:plain

ディズニーやピクサーが使っていてシェア数もナンバーワン。

日本でもゲーム業界ではmayaを使ってる会社が多い。

スクリプト言語を使ってカスタマイズができるという、力だけではなく知力があってこそ本領を発揮させる。

 

料金は月額31320円、年間契約だと2484000円とちょっぴりお得。

 

戦士 3dsmax

f:id:Rosylife:20180827003200j:plain

ゴリゴリの装備をした戦士のイメージにぴったりなのが3dsmax。

プラグインやスクリプトが豊富で、力押しで敵をなぎ倒す。

僕も使ってるけど、mayaよりも使いやすい印象があるよ。

 

料金はmayaと同じく月額31320円、年間契約だと248400円。

 

賢者 CINEMA4D

f:id:Rosylife:20180827003221j:plain

CGソフトの中でも、最も気品を感じるのがCINEMA4D。

モーショングラフィックを得意としていてセンスを必要とする部分だったり、なんともいえないオシャレ感を感じる。

 

料金は、大抵の機能が使える「ブロードキャスト」が197000円。

全機能が使える「スタジオ」が4500000円。

 

武道家 Light Wave

f:id:Rosylife:20180827003237j:plain

歴史もあって実力も折り紙つきだけど、少しマイナーでユーザー数も少ない印象。

まさに我が道を行く孤高の武道家と言えるだろう。

 

価格は130000円。

 

魔法使い Houdini

f:id:Rosylife:20180827003255j:plain

魔法のようなエフェクトをつくるのが得意だけど、力は頼りないイメージで、魔法使いにぴったりだ。

 

Houdini core  248400円 

Houdini FX 558900円

モンスター ZBrush・3DCoat・MODO

f:id:Rosylife:20180827003312j:plain

モデリングに特化したソフトは力がめっぽう強いモンスターの仲間のようだ。

ドランゴやゴレムスなど、ドラクエで仲間にできるモンスターのようにパーティにいたら非情に頼もしい存在である。

 

ZBrush 113000円

3DCoat 49140円

MODO 238000円

 

盗賊 Blender

f:id:Rosylife:20180827003330j:plain

誰でも最初になることができる職業だけど、力もそこそこあって、便利な技もあったりする。

その一方で、盗賊のまま「ラスボスまで倒しにいくぜ!」という人は少ないし、癖があって扱いにくいというイメージもあるので盗賊にぴったりだ。

 

料金:無料!

 

 まとめ

参考になっただろうか。

きっとならないだろう。

比較しようにも僕がよく知らない、という恐ろしい事実があるんだ。

 

CGデザイナーとして就職してバリバリ大きな仕事をこなしたい!というラスボスを倒す気持ちがあるなら、やっぱりmayaや3dsmaxがつよい。

でも、のんびりフィールドを歩きまわって世界を楽しむというプレイならなんでも良い。

個人的には仕事で3dsmaxを使ってるので、趣味でCinema4Dをやってみようかな、と思っているよ。

戦士と賢者のパーティということになる。

僕の友人には「仕事でmayaと3dsmaxを使って、家ではblenderで自主制作してる」というひとりで最強パーティを組んでるツワモノもいる。

君はどの職業を選んで、どんなパーティを組む?