読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

どうしても、最高の物語を作りたいんだ。

オリジナルキャラクターを本気で売り込み、人気キャラにして商品化する秘訣と方法

創作活動

f:id:Rosylife:20160508133559j:plain

こんにちは、CGデザイナーとして働きつつ自主制作アニメなどの創作活動しているありまです。

自分が生み出したキャラクターが世に出て、人気になってグッズ化されたりアニメ化されたらいいのになと思ったことはないでしょうか?

 

イラストを描くのが好きな人ならちょっとした落書きの時に「あれ?このキャラクターやばない?売れるんちゃう?」と思うことがあると思います。

僕なんてしょっちゅうあります。

 

で、ほんとに大人気になってもおかしくないキャラクターを思いついたときに、実際どうすればいいのか、そこが最も難しいところだと思うので僕が考える「個人でオリジナルキャラクターを売り込む方法」「人気キャラクターに育てる秘訣」を書いてみます。

 

始めに言っておきたいのは、移り変わりの激しい世の中で「何が当たるかわからない時代」とよく表現されるくらい、売り出す方法なんて答えがないようなものだと思います。

実際にぼくも人気キャラを生み出したわけでもないので説得力はありませんが、おそらく考え方としては間違ってません。

 

ちなみに具体的にどのようにすれば魅力的なキャラクターをつくれるのかというのはこの記事にまとめたのが参考にしてください。

ほんとは誰にも教えたくないキャラクターの作り方 

 

それでは実際にどのようにしてオリジナルキャラクターを世に広めればいいのか。

インターネットが発達した今の時代では「自分で作って、自分で宣伝して、自分で売る」というのが出来るようになりました。

 

自分で宣伝して人気キャラになればネットで商品は売れるはずですし、そうなれば企業も放っておかないでしょう。

そういう意味でやはりブログやSNSで発信することが基本になってきます。

とゆーより、そうやってネットで話題にならないと企業も相手をしてくれないと思います。

 

好きなことの専門家になって情報を発信する

これまでオリジナルキャラクターをいくつか生み出してきましたが、結局は「自分が好きなもの」が大事な気がしています。

キャラを作るだけでなく、そこからの宣伝・発信がとにかく重要で、その発信を自らが楽しめないと続かないからです。

売り出すことが目的になるのではなく、作ることを楽しめる、気付いたらやってしまうものを題材にしましょう。

そして好きだからこそ、そのことについて詳しいはずなので専門的な知識や情報をブログやSNSで発信していき影響力を高めていくことが大事です。

 

このパターンで成功してるのが「クマムシさん」です。

クマムシの研究成果を発信するという完全にオンリーワンなことで注目を浴びてキャラクターを作り出しました。

専門的な情報を自ら発信できるというのはめちゃんこ強いです。

しかもクマムシの場合、競合が少なく目新しいインパクトもあります。

そしてtwitterもこのクマムシさんがつぶやいていて10万のフォロワーがいます。

フォロワーが増えてからぬいぐるみを販売することですぐに完売しちゃうくらいの人気を博しました。

 

Web漫画やアニメなどで物語を発信する

キャラクターをつくっても、それだけでは広めることはできません。

専門的な情報があれば良いですが、それがないなら「物語」で注目を集めるしかありません。

Web漫画や自主制作アニメをつくってネットにアップして見てもらいましょう。

もしそれが拡散されれば人気キャラになるのも夢ではありません。

 

「ワンパンマン」「猫村さん」などWeb漫画から有名になったキャラは多いです。

自分のブログやtwitterでweb漫画をアップして注目を集めてる人も最近多いように感じます。

 

自主制作アニメでも「フルーティ侍」などはコンテストや映画祭で賞をとり今ではテレビ放送されるまでになっています。

web漫画より作るのは大変ですが、作ってる人が少ないので目立てる可能性は高いでしょう。

 

でもこれらはそもそもけっこうなスキルが必要とされますし、拡散されるには「ものすごくインパクトがあるキャラクターで、インパクトのある物語」じゃないと無理なので非常にセンスが問われるところですけど。。

 

たとえ一気に拡散されることはなくても本当に良い作品ならブログやtwitter、最近ならインスタグラムといったSNSを活用して地道に発信を続けていけばいつかは日の目を見る日が来る!

。。。と思いたい

 

ニーズと競合を考える

ニーズがないと誰も興味をもってくれません。

世の中にネコ好きがたくさんいるからこそ、ネコのキャラクターが多いのです。

とはいえ今さらネコのキャラクターをつくっても競合が多すぎて抜きん出ることができません。

ニーズはあるけど、競合は少ない。

というのが理想。

競合が少なければそれだけ簡単に目立つことができます。

ブログなどでも検索順位をあげやすいです。

でも、猫でも何かスキルを与えたりすれば目立てると思います。

それはあなたの得意なスキルです。

あなたが料理が得意なら「料理が得意な猫」のキャラクター。

とにかく自分の好きなこと、得意なこと、精通してることをキャラクターにするべきです。

そうすればオリジナリティーが一気にあがるのです。

 

とにかく続ける

これ。

結局これしかない。

ブログで専門情報を発信するにも、物語を発信するにも長く続けないと認知度は上がりません。

でも、続けたところで報われない可能性もある。

だからこそ好きなものでオリジナルキャラクターを作ることが大事。

誰にも見られなくてもやり続けたいと思えるくらい好きなものをやろう。

「続ける」というのもひとつの大きな武器だと思います。

とゆーより、続けるだけなら才能はいりません。

そして、その作る日々を楽しめたらもうそれだけで人生はじゅうぶんなのかもしれません。

 

 他の人と違うことをする

糸井重里さんがこんなことを言っています。

「後から参入するものに場所なんて空いてないのだ」

と。

いかにオリジナリティーを出すのか。。

いかに人と違うことをするのか。。

例えばキングコングの西野さんは「絵本作家の人はあまり絵本を描くのに時間をかけれないから、俺はめっちゃ時間をかけて勝つしかない」というようなことを言ってました。

僕も同じような発想で死ぬまで(およそ50年)かけてあるキャラクターを広めていこうとしています。

 

例えば具体的にどうすれば良いか

キャラクターを思いついただけでは、それを商品化することはできません。

いや、ネットのサービスを駆使すればマグカップやTシャツなどのグッズをつくって販売することは簡単に出来ますが、その前にファンを増やさなければ売れることはないでしょう。

 それでもマグカップやTシャツはありきたりすぎると思いますが。。

 

今の時代はなんでも簡単にできてしまうので、もはやキャラクターをつくってブログやSNSで発信することは基本中の基本です。

だからこそ「自分が大好きなことで知識も豊富、しかもニーズがあって競合が少ない」というのがある人は強い。

 

例えばタヌキが大好きで専門知識がたくさんある人がタヌキを飼ってるとしましょう。

タヌキオタクなんてあんまりいないですし、それをブログで発信してる人もいないので競合は少ない。

そしてタヌキは世界的に見れば珍しい生き物でニーズはめっちゃあります。

インスタに飼ってるタヌキの写真をアップすれば一躍人気者まちがいなし。

そしてそのブログやインスタでオリジナルキャラクターのタヌキの商品の宣伝をする。

そうするとそれを見たタヌキ好きの人が、そのキャラクターを目にする。

タヌキ好きなのでタヌキのキャラクターも好きになってくれる可能性は高い。

それを何年も地道にやってファンを増やしていく。

たくさんのファンがいれば、企業に売り込みやすく、企業も使ってくれる。

という理屈です。

 

理屈はわかってるんです。

あとはやるだけ。

 

でもこれは遂行するには相当な時間を必要とします。

本気でやろうとすると専門的なブログを書くのだけで1日が終わってしまいますし、しかもキャラクターを使った創作物を作るとなると時間が全然足りません。

それを仕事しながらやるとなると相当きついと思います。

(しかも今の僕には休日には子供と遊ぶという大事な使命もあるのです!)

 

ちなみに方法でこの考えれば、ぼくのオリジナルキャラクター「国旗まん」だって人気キャラにできたかもしれません。

もしぼくが日本の文化や歴史がめちゃくちゃ好きなら、それをブログなどで発信しまくる。なんなら国旗まんが日本の文化を紹介するようなブログでもいい。

そのブログに「国旗まん」のアニメのリンクを貼っておく。

そうすることで見てくれる人は倍増するはず。

でもって、国旗まんを題材にして「枯山水 」みたいな粋なボードゲームを作って、ブログで販売すればきっと買ってくれる人も出てくるでしょう。

 

たぶんこういうやりかたが今の時代のキャラクターの売り出しかたじゃないかな?

ま、言うのは簡単ですけどね。

 

国旗まん 宮城仙台アニメーショングランプリ グランプリ受賞作品

 

ネットを使ってグッズを簡単に販売する方法

自分でグッズを売るとなると、理想はブログなどで発信してメールをもらって銀行口座を教えて振り込んでもらって~と、相当敷居が高いです。

収益があがれば自分でネットショップをつくるのが1番だと思いますが、それまでは無料のwebサービスを利用するのがいいんじゃないかな。

 

BASE  というwebサービスを使えば、無料で簡単にネットショップをつくることができるということでクリエイターに人気です。

もし売りたいグッズがあるならば利用したほうが良いでしょう。

商品を検索するという概念がないのでブログやSNSで自分で宣伝することになります。

 

minne は女性に人気のサービスで、アクセサリーなんかが人気ですが、かわいいキャラクターのクッションやシールといったグッズもたくさん販売されています。

minneの中で人気になる人もいるので、女性向けならこちらがおすすめ。

 

リアルに売り込む

これまで書いたようにネットを使って売り込むのもいいですが、リアルに売り込むという王道的な方法ももちろんあります。

コミックマーケット(コミケ)やクリエイターEXPOなんていうイベントに出展するなどして売り込むというのは有効な方法なのかもしれません。

僕は参加したことがないのでわかりません。。。

 

オリジナルキャラクターの「国旗まん」は宮城仙台アニメーショングランプリでグランプリを受賞したので、東京国際アニメフェアには宮城ブースで出展したことはありますが特にグッズ化などの具体的な話はまったくありませんでした。

話かけてくれる人は多く楽しかったですし、良い経験になりましたが。

チラシも2000枚配ったので、きちんと準備さえしてればもっと宣伝効果はあったかもしれません。(当時は無知でサイトもSNSも用意してませんでした。。)

 

そして、最も現実的かつ難しそうなのが企業に売り込む方法だと思います。

このあたりの詳しい話はこの本に書いてますので、ぜひ読んでみてください。

タイトル100年愛されるキャラクターのつくり方

タイトル100年愛されるキャラクターのつくり方

 

 2005年に出版された本ですが、 実は最近読みました。

もっと早く読んでおけば良かったと後悔しています。

キャラクターを企業に売り込むなんて何をどうすればわからないと思いますが、丁寧に教えてくれています。

タイトルからだとわかりづらくてもったいないのですが、まさに「自分で考えたキャラクターを商品化する方法」が書かれています。

 

この無駄に長い記事は、僕がこれまで創作してきた中で長い年月をかけて考え、気付いたことを書いたものです。

少しでも同じような人のヒントになれば。

そして、同じように苦しみ、もがいている人間がいるということを知ってください。

もし「こんな方法はどう?」とか「このキャラクターどうやって広めていけばいいかな?」というのがあればいつでも連絡をくださいませ。

一緒に悩むことはできると思うんだ。

でもって、この世の中に何かを残そうと必死にもがいてる僕がどうなるのか、このブログに綴っていくので良かったらちょくちょく覗きにきてちょーだい。