読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

どうしても、最高の物語を作りたいんだ。

CGアニメの作り方を超簡単に解説してみた

創作活動 CGアニメ CGデザイナー

こんにちは、自主制作アニメを作ってる「あり」と申すものです。

今日は「そもそもディズニーとかピクサーとかの3DCGアニメ映画ってどうやって作ってんの?」というまったくCGのことを知らない人のためにざっくりと作り方を解説してみたいと思います。

最近はセルルックと呼ばれる2Dアニメっぽく見せるCGアニメも増えてますし、これから専門学校などで3DCGを習いたいと思っている人も、「ふーんこんな感じなんや~」となんとなく知ってもらえればと思います。

3DCGのソフトはmayaや3dsmax、無料のblenderなどがありますが、基本的な流れは同じです。

キャラクターのセットアップ

まずはキャラクターや、背景の建物、道具などのモデルを作るモデリングという作業をします。これを作る専門の人をモデラーと言ったりします。

これがとても地味でめんどくさい作業となっていまして、リアルな人間をモデリングするとなるとそれだけで何日も何ヶ月もかかってしまいます。

僕みたいなゆるい自主制作アニメの場合、1日か2日で作っちゃいます。

f:id:Rosylife:20150506121753j:plain

モデリングが出来れば、次は色を塗る作業です。

これも僕は細部にこだわらないで進めてるので1日で出来ます。

f:id:Rosylife:20150506121850j:plain

さて、このモデルを動かすために用意するものがあります。

それがリグと呼ばれる、いわばです。

この骨を作る作業をリギングと言って、専門の人をリガーとかリギングアーティスト言ったりします。

僕の場合は使用ソフトの3dsmaxにはじめから入っているbipedというリグをそのまま使います。

f:id:Rosylife:20150506121858j:plain

これがその骨。

さっきのモデルと大きさや形を合わせて、骨が動けばモデルが動くという設定をします。スキニングという作業になります。

f:id:Rosylife:20150506121905j:plain

ここまできてやっと、モデルを動かすことができます。

モデルにアニメーションを付ける人をアニメーターといいます。

モーションデザイナーと言ったりもするそうです。

普通ならここからも表情だったり髪の毛だったり服だったり気の遠くなるような色んな仕込みが待っていますが、僕の場合はこれでキャラクターのセットアップは終了★

舞台に配置しよう

作ったキャラクターや背景を配置して、撮影に入っていきます。

製作中の自主制作アニメの全体はこんな感じ。

f:id:Rosylife:20150506121837j:plain

深海が舞台なので、地面と岩だけ。オブジェクトがとても少ないですね。

制作時間を短縮するために深海のお話にした、という理由もちょこっとありますが。

CGアニメ映画のような作品だと町をひとつ作ってしまったりすることもあるようですね。

f:id:Rosylife:20150506113836j:plain

深海を泳ぐ「灯台クジラ」です。中がどうなってるか見てみましょう。

f:id:Rosylife:20150506114334j:plain

灯台クジラの中に役者さんがスタンバイしてるのが見えますね。

f:id:Rosylife:20150506120053j:plain

レイアウトとライティング

カメラとライトがあるのが見えますでしょうか??

このようにパソコンのなかに模擬世界があるんです。

ライトもスポットライトにしたり、太陽光みたいなものにしたりできます。

これらのライトを設定する作業をライティングといいます。

もちろんカメラも自由にアニメーションさせることができますし、何ミリにするかも設定できます。

f:id:Rosylife:20150506115312j:plain

カメラから見たレイアウトがこちら。

ためしにレンダリングをして書き出してみましょう。ぽちっとレンダリングボタンを押すだけです。レンダリングするとこんな感じで書き出されます。

f:id:Rosylife:20150506120105j:plain

僕はあえて、2Dアニメのような親しみやすい絵を作ってるので、こんな感じですが、このレンダリングの設定でリアルな表現にすることも可能です。

コンポジット

この作品の場合は数秒で1枚を書き出すことが出来ますが、リアルなCGだと何十分、何時間もかかってしまいます。シュレックはレンダリングだけで合計1億時間かかったとか。。。

このように一発で書き出すわけではなく、キャラだけ、背景だけ、影だけ。を書き出して、あとから編集ソフトで合成して調整するのが一般的だと思います。この編集作業をコンポジットと言い、専門で行う人をコンポジッターと言います。

f:id:Rosylife:20150506131110j:plain

合成してエフェクトや色味の調整を加えたらこうなります。

 

ひとりで自主制作アニメを作っているので、全部自分でやってますが、ピクサーみたいな大きいところはそれぞれに専門家がいて、細か~く作業が分かれています。

そのあたりを意識して最後のスタッフロールを見ればおもしろいかもしれません。

 

以上、ありがお届けする、ざっくり過ぎて参考にならない解説でした★

 ピクサーやディズニーのアニメの作り方が知りたい人は「魔法の映画はこうして生まれる」をご覧ください。

 

ぼくのつくった伝説のアニメも見てってね。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016優秀芸術賞受賞作品「New」

宮城仙台アニメーショングランプリでグランプリを受賞した「国旗まん」


★おすすめ関連記事★

ピクサーに日本人が就職する方法 
ピクサーとディズニーのストーリーの作り方はブレイントラストにあり!
3DCGを使用する仕事とCGデザイナーの未来と将来性を考えてみた 
日本の歴代長編CGアニメ映画の興行収入ランキングベスト10!
ディズニーやピクサー好きな人におすすめしたい海外アニメ映画作品ランキング一覧