ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

ピクサーに日本人が就職する方法

しがないCGデザイナーである僕のもとに、ある学生からメールが来ました。

 

「私は将来ピクサーで働きたい学生なのですが、主にCG制作者として働きたいと思っています。

単刀直入に聞くんですが、どうやったらピクサーで働けると思いますか?」

 

ふむふむ。。わかりました。

ピクサーどころか日本でもだいぶ下のほうにいると自負しているCGデザイナーの僕がお答えしましょう!!

スポンサーリンク

 

アメリカの大学に進学する

一番始めに考えつくのはアメリカの大学に進学することです。

恐らく最も可能性が高いのではないでしょうか。

ピクサーでどんな仕事がしたいかにもよりますが、アニメーターを目指すならばアカデミーオブアートという学校にはピクサークラスというのがあって、ピクサー現役アニメーターによって行われるクラスがあるということなので就職にも多少強いかもしれません。

 

ちなみにピクサーで募集している職種や条件などは公式サイトのCareersで確認できます。リンクはこれ。

http://www.pixar.com/careers

 

yahoo!知恵袋でアドバイスをなさってるかたもいますので参考になさってください

年間500万円以上もかかるんだって。。

 

日本で腕を磨いて海外へ行く

金銭的に考えると現実的なのはこの方法でしょうか。

高校卒業までとにかく英語と美術の勉強をしてCGの専門学校や美大へ行く。

それらの学校を卒業→渡米してどこかのアニメスタジオで働く→ピクサー就職。

もしくは専門学校を卒業→日本の映像制作会社で働く→ピクサー就職。

もちろん英語の勉強は続けたほうがいいでしょうね。

スペシャリストを目指す

ピクサー作品を見て「あんな作品を作りたい!」とか「働きたい!」と思うかもしれませんが、大きな会社はそれだけ作業が細かく分かれています。

CGアニメの作業工程についてはこちらで解説しています。

CGアニメの作り方を超簡単に解説してみた 

クオリティの高い自主制作アニメをつくってyoutubeにアップするのもいいですが、もしかしたら「アニメーター志望ならアニメーションだけ」「モデラー志望ならモデリングだけ」というようにひとつのスキルに特化するのもありかもしれませんね。

 

こちら「魔法の映画はこうして生まれる」ではディズニーの制作の進め方を見ることができて、実際にどんな風に会議が行われ、クリエイターが作っているのかを見ることができます。

もし、ほんとにCGアニメをつくる仕事につきたいなら、一度見ておいて損はありません。

魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション [DVD]

魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション [DVD]

 

オリジナルアニメをつくる

ピクサーの作品を見てピクサーを目指すのはわかりますが、今では日本でも「ピクサーがなんぼのもんじゃい!」とばかりにオリジナルアニメを作ってる会社もたくさんありますし、特にここ数年で増えてきたイメージがあります。

会社によっては海外の会社と協力してるところや、外国人のスタッフのいるところもあるので、海外を目指すならまずはそういうところで働くことを目指すのもいいんじゃないかな。

なんなら「俺がこの会社を日本のピクサーにしてみせる!」みたいな感じもいいと思うし、自分で自主制作アニメを作ってyoutubeにアップしてクリエイターとしての名を売るというのもいいと思います。

海外のコンテストで受賞されるとそれだけで実績になるし、実際に自主制作アニメをつくってそれがピクサーの目に止まって就職した人もいます。

 

今、何をすべきか

3DCGの専門学校に入る、芸大や美大に入る、そのための勉強をする。

などが考えられるけど、個人的なおすすめは実際にCGソフトを触ってみる。

ということです。

 

なぜなら実際にCGをやってみて「なんだかイメージと違った」ということでやめていく人が多いからです。

本当に自分はCGの仕事をしたいのか、もしくは「ピクサーで働く」というステータスが欲しいだけなのか。

そのあたりを自己分析してみてはどうでしょう。

 

実際にCGソフトを触るにはディズニーの使ってるCGソフトであるmayaをダウンロードしてみて触ってみましょう。

体験版や学生版なら無料で手に入ります。

 

パソコンが無い人はドスパラの3DCG用パソコン がコストパフォーマンスに優れていておすすめです。

僕は会社でも自宅でもドスパラのパソコン使ってます。

 

海外で働く日本人の方々を参考にする

実際に海外で働く人のインタビュー記事も参考にどうぞ★

まとめ

色々書きましたが、ピクサーで働く方法なんてものはなく、自分で道をつくり勝ち取るしかないでしょう。。世界中の英語ぺらぺらの天才アーティストたちが目指すあまりにも狭き門ですが。。

でも「魔法の映画はこうして生まれる」や「ピクサー流 創造するちから」を見ると憧れる気持ちもわかります。

 

しがないCGデザイナーの僕が言えることは「そもそもCGのお仕事につくだけの適性と覚悟が自分にホントにあるのかしっかり見極めましょう」ってことくらいです。

「思ってたのと違う」ってなることはよーくあります。

地味な作業、全然クリエイティブじゃない作業、頭を使いまくる作業、「誰が見んねんそんなとこ」って作業などCGの仕事はけっこう大変なことも多いです。

例えば僕が通ったCGスクールでは20人いたのに卒業する頃には半分になっていました。就職したのは僕ひとりだけです。

それでも目指すというなら。。。

 

もうなにも言わねぇ。

 

行ってこい。

 

もしピクサーに就職できたら、連絡くれよな。

 

 あと、自主制作アニメも見てってくれよな↓

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016 優秀芸術賞受賞作品「New」

宮城仙台アニメーショングランプリ2013 グランプリ受賞作品「国旗まん」

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます