ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

日本一の映像クリエイター交流会に行ってきました!

今年も行ってきました。

CGアニメコンテストの合宿に!

今年で3年連続です。

 

関西からも、関東からも集まることができるように静岡の掛川の旅館に集合します。

静岡って良いですよねぇ。

お茶畑が広がってる景色なんて、心が癒されます。

誰の車に誰が乗るかなど、新幹線は誰がどこで乗るか、事前にSlackでやりとりがあります。そして掛川駅からバスで旅館に向かいます。

 

また、幹事だったり、それぞれの役割、部屋割りもあって、しおりも配られます。

自己紹介シートいうのも去年から作られていて、Googleスプレッドシートに自分の仕事のこと、趣味なんかを書き込んで、それを見て「この人と交流したいな」「こんなことを聞いてみたいな」と事前に確認ができます。

 

旅館に集合したら、プロジェクタを設置して、自己紹介の映像を流しながら自己紹介をします。

僕もこれまでの自主制作アニメをまとめた映像を流してしゃべりました。

 

そして、みんなで食堂でご飯を食べます。

ご飯やお味噌汁やお茶はセルフなので、配膳係が自然と生まれます。

ご飯の時は「どこに座ろうか・・」みたいななんとも言えない空気が生まれます。

 

講義の時間もあって、今回はクラウドファンディングで成功したクリエイターさんによるお話がありました。

その後は自由時間ですが、やはりこの時もそれぞれが「さて、どうしようか」みたいななんとも言えない空気が生まれます。

 

回を追うごとに少しづつ、交流の輪が広がっています。

知り合ったクリエイターと、その場でツイッターをフォローしあいました。

やっぱりツイッターのアカウントは作っておくべきなんですねぇ。

僕はもちろん、競馬のことをたまにつぶやくだけの馬アカウントですけど。

 

お酒やおつまみも用意されていて、ほんとに素晴らしい交流会だと思います。

メンバーたちの間には、同志のような気持ちがあるはず。

フリーランスの人は、合宿をきっかけに仕事に発展することも多いようです。

 

今年は久しぶりに再会を果たした人物がいます。

その人は、僕が国旗まんでコンテストに出品してる時に、何度か顔を合わせることがあった、いわばライバルです。

でも、コンテストの最後に朝まで語り明かしました。

今では、将来を期待される、ほんとにすごい人になっちゃうかも?という可能性を感じる監督として注目されています。

セカイノオワリのお仕事をしたり、クラウドファンディングで690万円を集めたり、なんだか遠い人になったような感覚です。

まぁ、ライバルの評価が上がれば、相対的に僕の評価も上がることでしょう。

 

とにかく実績のあるすごい人がたくさんいるので、刺激を受けますね。

「こんな人たちと勝負してもしかたないので、早いとこ他の人と違う自分だけの道を作らないと、よしやはり株しかない!」といつも身がひきしまります。