ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

やっぱりCinema4DよりBlenderのほうが良いかもしれない・・・

f:id:Rosylife:20190531011126j:plain

Cinema4Dのプライムを購入して使っています。

こないだも、Cinema4Dを使用した動画をアップしました。

レンダリングはプライムでも、じゅうぶん良い感じに出来ますね。

グローバルイルミネーションを使用しながらもスピーディーなレンダリングです。

でも少し使ってみて、恐ろしい考えが頭をよぎりまくっています。

それは。

 

「Cinema4DよりBlenderのほうが良いかも。。」

という考えです。

 

Cinema4Dの解説記事などが少ないせいもあるけど、どうもかゆいところに手が届かないような気がします。

インターフェースはわかりやすく、Blenderよりも使いやすいとは思うけど、グラフエディタやタイムスライダーなどアニメーション部分で使いづらい印象があります。

使いたい機能は40万するスタジオ版じゃないと使えなかったりもします。

 

それなら、たくさんの人が使ってる無料のBlenderのほうが解説記事も多く、聞けば教えてくれそうな人もいるし、良いような気がしてきました。

レンダリングやテクスチャを描いたりなんかもBlenderのほうが機能が圧倒的に豊富でなんでもできるし、魅力的なアドオンもたくさんあります。

趣味で使うならBlender1択ですね。

まぁ、みんなそれを知っててBlenderを選ぶんでしょうけど。

 

しかもCinema4Dはサブスクリプション制にしようと動いてるんですよね。。

サブスクが嫌でCinema4Dにしたのに、何を考えてるんでしょう。

強味を意識して、己の道を突き進んで欲しいものです。

 

「とにかくBlenderを触ってみよう!」

と、インストールしたところ起動しません。

おい!

 

どうやらCinema4Dを使う運命のようです。

受けて立ちましょう。

 

ちょっと悪口ばかりになりましたが、Cinema4Dの良いところも書いておきましょう。

それは、ソフトを開いたときのワクワク感です。

シンプルなインターフェースは、直感的で創作意欲を掻き立てます。

それに、みんなBlender使ってるし、ちょっと不器用なCinema4Dが可愛く見えてきて、妙な愛着が湧いてきます。

 

After Effects使いの人たちは、Cinema4Dに熱い視線を送ってるともっぱらの噂ですし、

そういった仕事の縁もできやすいんじゃないかな?

 

と、ここまでグダグダと書いてきたけど、大事なのはコンテンツであって、ソフトはなんでも良いのです。

ソフトなんて一ヶ月本気でやれば、ある程度使えるようになります。

アイデアを振り絞って何をつくるか、それが大事なのです!

 

と、自分に言い聞かせ、もう少しCinema4Dで頑張ろう。