ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

【2019年度版】自主制作CGアニメにおすすめのパソコンとそのスペック!Blenderもサクサク!

f:id:Rosylife:20190104175808j:plain

みなさん今日も張り切ってBlenderで自主制作してますか?

今日は、プロであるこのワタクシが自主制作アニメをCGで作るときにおすすめのパソコンを紹介していこうと思います!

とはいえぼくもパソコンのことはよくわかってません。

「プロの中でもっともパソコンを知らない男」と言っても過言ではありません。

そんなぼくがおすすめのパソコンなんて語れるのでしょうか?

安心してください!

強い味方があるのです。

そう。

「CGプロダクション制作環境一斉調査」です。

この調査ではたくさんの映像制作会社にアンケートをとって、どんなパソコンを使ってるかを知ることができるのです。

ここから必要なスペックを考えてみましょう。

CGプロダクション 制作環境一斉調査2018 

CGプロダクション制作環境一斉調査2019

 

自主制作に使うことを考えれば、コストパフォーマンスを重視されることでしょう。

価格帯は10万~20万円あたりで探してみましょう。

 

CG制作するパソコン選びで大事なこと

大事な要素は

CPU・メモリ・グラフィックボードの3つです。

人でいうと頭脳、体力、性格、みたいなことですね。

違うかもしれません。

 

CPUはインテルコアi7を使用してる会社が62%と抜けています。

メモリは16ギガは欲しいですね。32ギガあれば嬉しい!という感じ。

ほとんどの会社が32ギガ以上のパソコンを使ってるようですが、なにを隠そうぼくは16ギガのパソコンを会社で使っていて、まったくもって困ったことはありません。

もっともややこしいグラフィックボードですが、今年になってGeForceのシェアが一気に増えています。

数字が大きい程「すごい」ということになります(適当)

  • Ge Force GTX1050~1060 (シェア16%)
  • Ge Force GTX1070~1080Ti (シェア20%)
  • Ge Force GTX1650~1660Ti (シェア7%)
  • Ge Force GTX2060~2070 (シェア10%)

このあたりが2019年現在で使用されてる会社が多いですね。

ぼくが会社で使用しているパソコンのスペック

参考までにぼくが会社で使ってるパソコンのスペックを書いておきましょう。

CPU:core i7 6700

メモリ:16GB

GPU:GTX 1050

このスペックでなんら問題なく作業してますし、むしろ会社で一番のスペックとして崇められています。

これらの情報をもとに、おすすめできるパソコンを調べた結果がこちら!

raytrek MX

ぼくは家でも会社でもドスパラのレイトレックを使ってるけど安いけど非常に良い印象があります。

ドスパラではCG制作に適したパソコンを簡単に調べることが出来るのでありがたいですね。

こちらのモデルはとても安くてコスパ最強と言えるでしょう。

それでも、ぼくが会社で使ってるパソコンよりスペックが高いのでじゅうぶんでしょう。「僕は自主制作アニメでピクサーを超える作品を作るのさ」とか言う人以外はこれで事足りると思います。

◆ raytrek MXのスペック

値段:109980円

CPU:core i7 -9700 

メモリ:16GB DDR4 SDORAM 

GPU:Ge Force GTX 1650 4GB 

 

ドスパラには他にもスペックの高いCG制作用のパソコンもあるので、自分で比較してみてね。

3DCG制作用パソコンをドスパラのサイトで見る

 

 CG MOVIE GARAGE

次におすすめなのは、パソコン工房が販売してるクリエイターパソコンです。

その中に「CG MOVIE GARAGE」というシリーズがあります。

あの天下のCGWORLDとコラボしてて、有名なCG制作会社が監修をされてるだけあって信頼感が違いますね。

中でもスタンダードモデルBはコストパフォーマンスに優れています。

 

◆スタンダードモデルBのスペック

値段:154980円

CPU:core i7 -9700K 

メモリ:32GB (16GB×2) 

GPU:Ge Force GTX 1660 Ti 6GB 

 

パソコン工房で見てみる

 

GALLERIA ZV 

ガレリアZVというドスパラで販売されているゲーミングパソコンです。

高性能で「ゲームもCGも楽しみたい!」という欲張りさんには最高の一品です。

ドスパラのパソコンを紹介してるサイトを覗くとこのパソコンが必ずおすすめされています。

たしかに「Ge Force RTX 2060 SUPER 8GB」が搭載されていて15万円はほかに見かけません。フォトリアルなレンダリングをする人にとっては心強いですね。

 

◆GALLERIA ZVのスペック

値段:155980円

CPU:core i7 -9700K 

メモリ:16GB DDR4 SDORAM 

GPU:Ge Force RTX 2060 SUPER 8GB 

 

ガレリアZVをドスパラのサイトで見る

 

 まとめ

正直、ぼくが偉そうにパソコンをおすすめする資格はないのですが、「これくらいのスペックがあったら大丈夫」という基準はわかったと思いますので、ぜひ自分で予算と相談しながら探してみてくださいな。

でも、どういう方法が良いんでしょうね。

だってパソコンってすぐ新しいのが出て、安くなりますもんね。

「20万円のパソコンAを買って10年使う」というパターンもあるでしょうけど、「10万円のパソコンBを買って5年後に新しいのをまた10万円で買う」という作戦なら、5年後には20万円だったパソコンAが10万円で買えちゃったりするわけですよね。たぶん。

その場合は後者がお得にも感じるけど。

でもそこから5年たつと・・・よくわかんなくなってきた。

あとは販売店によって保証やサポートも違うでしょうしね。

 

それでは良いパソコンとの出会いを祈っております。