ありんとこ

動物好きCGアニメクリエイターの創作日記

手描きアニメーションのお仕事やってます

メールの宛名を見ると、その人が何を見てメールしてきたのかがわかります。

 

ブログを見てメールしてきた人は「アリマ様」

youtubeを見てメールしてくる人は「Arima様」です

 

youtubeでは海外の人も見るかもしれないので英語表記にしています。

全然海外の人は見てないけど。

 

こないだ「Arima様」という宛名でお仕事の依頼がきました。

広告代理店の人がyoutubeで僕を見つけて連絡をくれたのです。

見積もりをして、折り合いがつき正式にお仕事をさせて頂くことになりました。

 

ある有名なアニメ作家さんが脚本、僕がアニメーション制作するという、なんだかとてもワクワクするお仕事です。

それでとても楽しみにしてたんですが、なんと急にクライアントさんから「手描きアニメで作ってちょーだい」と言われてしまったのです!

僕はCGアニメが売りですからね。とゆーよりそれしか作れない。

でも、このアニメ作家さんと仕事がしたい。

 

ということで、ある作戦を考えました。

CGで作って、線をトレースする大作戦

 

そう。

3DCGでモデルをつくって、モーションをつけたものに、手描きで線を描くという方法です。

 

でもこのトレース作戦は、実際に使われてる作品もあります。

新海誠さんは実写の映像をトレースしてアニメを作ることでリアルで美しい世界を表現しています。

岩井俊二さんの「花とアリス殺人事件」という作品も「先に実写の映像を作って、それをトレースするようにしてCGアニメを作った」なんて例もあります。

ロトスコープという手法ですね。

 

それと同じように僕はCGアニメをつくって、それをトレースして手描きアニメを作るわけです。

 

2度手間じゃん。

 

と思うかもしれませんが、シンプルなデザインのキャラクターなのでモデリングする時間もあまりかかりませんし、CGでモーションをサクサクっと作って先にチェックできるのはメリットです。

 

CGソフトで線を自動でつける機能もありますが、やっぱり「作られた線」という感じがしてしまうのです。

気付かない人もいると思うけど。。

 

実は以前、この方法をテストしてみたことがあるんです。

これです。


やっぱりCGアニメにはない魅力が手描きアニメにはあるんですよねぇ。

大きな壁、みたいなものが。

 

この仕事はなんとしても成功させたいと意気込んでいます。

がんばろっと。