ありんとこ

歴史に残るキャラクターを生み出すよ。きっとね。

【これ内緒】占い師になる簡単な方法を見つけちゃった

ココナラという日本最大のオンラインマーケットをご存知でしょうか。

自分のスキルを売ったり、誰かのスキルを買ったりする場所です。

 

例えば、似顔絵やロゴデザイン、人生相談、キャッチコピー、パソコンのスキル、色んなものが売られていて、眺めているだけでも楽しく「なるほど、こういうこともお金になるんだ」と感心します。

 

中でも人気なのが占いで、占い師の登録者数が7000人の国内で最も多いんですって。

僕は占いが好きなので、気分転換に気軽に500円~1000円くらいの安い占いを買ったりするのですが、人気占い師を観察することで、わかっちゃったんです。

 

そう。

簡単に人気占い師になる方法が。

 

ココナラに登録する

ココナラで登録すれば、誰もが簡単に占い師を名乗ることが出来ます。

最初は「お試し枠」を儲けて、無料で占いをします。

そこでしっかりと占うことで、高評価のレビューをもらうことが出来ます。

100件~200件ほど高評価のレビューが溜まれば有料化しても大丈夫だと思います。

高評価が多ければココナラの検索でも上位に出ます。

 

高評価のレビューが集まったら、料金を設定します。

500円から1000円へと、人気に応じて増やします。

やっぱり500~1000円の占いが最も人気がありますね。

 

占いは文章で送ります。

ボリュームがあれば、それだけで相手は満足するでしょう。

「500円でこんなボリューム!」という満足感を与えることで、お客さんは高評価のレビューを残してくれます。

そして最も大事なのが「相手の背中を押すこと」

これです。

もちろん、あなたが本当に「相手の未来が見えちゃう」という特殊能力があるなら、それを伝えればよいでしょう。

でも、占い師というのはカウンセラーのようなものです。

アメリカでは気軽に精神科に行きますが、日本ではそれが占いなのかな、とも思います。

 

「相手の背中を押す」なんてことは占いでもなんでもないのですが、人気占い師になるにはこれしかありません。

占いをお願いする人は「自分はこうだと思うけど、失敗するのが不安なので占ってみrう」という人が多いのです。

そこでぽんと背中を押してくれたら、それだけで「やっぱり自分の考えは間違ってなかったんだ!もやもやが消えた!この占い師さんすごい!」と思ってしまうものです。

 

そう、僕のことです。

 

もちろん、占いが当たるかどうかはしばらく時間がたたないとわかりません。

でも、レビューは占ってもらったらすぐに書くのが普通です。

その時点で満足してるので、高評価をもらえることでしょう。

そうすると、さらにお客さんが集まります。

そして、もし外れても、そのときには占い師のことなんて忘れてますし、「運気は悪くなかったのに、自分の努力が足りなかったんだ」というふうに解釈するのでクレームは来ませんし、すでにしてしまったレビューを修正することでも出来ません。

 

ココナラの占いは、ほとんどが名前と生年月日から占います。

「霊感で見ます」という人も名前と生年月日です。

「霊感だから、実際に会わないとダメなんじゃない?」と思うけど、みなさん名前と生年月日だけで占います。

 

 

そして占いの結果は2日後くらい。

そう、その間に本やネットで調べたらそれっぽい占いの結果が出てきますよね。

調べた占いの結果を、自分なりの言葉になおして、ぼんやりと抽象的に伝えることが出来ればもう立派な占い師です。

そういう意味で、占い師に本当に必要な能力は、文章力だと思います。

相手に当たってると思わせるような、どんな風にでもとらえられる、相手の背中をそっと押す優しい文章が書けるかどうか。

さらにそういった答えを何パターンか作ってテンプレート化しておけば、ものすごいスピードで占いが出来ます。

こうやってどんどんファンを増やしていくのです。

これが僕が、ココナラの占いを観察して思ったことです。

こうして、人気占い師になっていった人も多いことでしょう。

 

ま、ここまでの方法は僕が観察した上で「きっとこういう手法なんだろうな」と気付いたことです。

悪魔に魂を売るようなものなので、あまりおすすめはできません。

 

あと、ココナラには「占いのやりかた」というカテゴリーもありますが、見てみるとなんともうさんくさい人ばかりですね。。

 

僕がおすすめするなら、悠久院という占い師さんの

現役の霊能力者があなたの霊能力の適性をお伝えします

というサービス。

これは500円で購入できるし、面白半分で買ってみましたが、なんだかわくわくさせてくれます。

もし「なんの占いを勉強しようか」と迷っているなら、この人のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか。

当たるかどうかはともかく、良いきっかけと発見を与えてくれるはず。

 

僕がもし占い師になるとしたら

海外に旅に出て、当たる占いを探します。

色んな人に占ってもらって、「これは当たる!」と確信できる占いと占い師を見つけます。

その占い師に話しを聞いてお金を払ってでも教えてもらいます。

その国の図書館などで、その占いの勉強もします。

 

そして日本に帰ってきてから、その占いのサイトを作成します。

無料占いサイトですね。

サイト検索でたくさんの人が訪れるようになったら、広告を貼ったり、有料のコースを用意するなどしてマネタイズします。

 

でもリスクもあります。

海外を旅して何も見つけられなかったらおしまいです。

 

僕も占いが好きなので、もし今の仕事を続けられなくなって、自分の夢も破れてしまっって路頭に迷いそうになったら、占いを探しに海外へ行くかもしれません。

もし、ステキな占いを見つけることができたら一生安泰でしょう。

でも、それも見つからなかったら。。

悪魔に心を売っちゃうかも?

 

そうならないことを祈ります。