読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

鳥山明さんの短編作品でホントに面白いこの3作品を見ておくれ!

鳥山明さんの絵が好きなので、短編もすべて読んだことがありますがたくさん引越しを繰り返してもいつも本棚にある作品が3つだけあります。

この3つは僕にとって一生ものなのです。

最近Kindleでも発売されてるので、ご紹介してみたいと思います。

 

鳥山明〇作劇場3

f:id:Rosylife:20161210164203j:plain

豆次郎くん、空丸くん日本晴れ、貯金戦士CASHMAN、DUB&PETERI、GO!GO!ACKMANの5作からなる短編集です。

 

中でもおすすめは、まんまドラゴンボールのようなキャラとタッチで描かれる「キャッシュマン」と、表紙にもなってる「アックマン」です。

特にアックマンは5ページくらいで終わる話が11話収録されていて、短いけどその分絵の密度とテンポの良さでキャラが生き生きとしていて世界観も抜群です。

アックマンは当時ゲームが出るほどの人気キャラでした。

鳥山作品の中でも最高のキャラクターと言えるでしょう。

 

鳥山明○作劇場 3 (ジャンプコミックス)

鳥山明○作劇場 3 (ジャンプコミックス)

 

 

 SAND LAND

f:id:Rosylife:20161210165705j:plain

あらすじは水不足に悩む人と悪魔が協力して、幻の泉を探すお話。

戦車好きメカ好きの鳥山明さんはきっと楽しんで描いたんだろうなぁ。

絵もまさに全盛期で、何より鳥山作品の中でも最高のストーリーだと思います。

1冊なのにボリュームたっぷりで読み応えがあります。

当時読んだ時よりも、大人になってから読んだほうがちょっとじわっときました。

まぁ、ただ単に僕の涙腺が弱くなってる説もありますが。

 

サンドランド (ジャンプ・コミックス)

サンドランド (ジャンプ・コミックス)

 

 

 COWA!

f:id:Rosylife:20161210231412j:plain

絵本のような表現をしたかったという鳥山明さんの言葉どおり、ほんとに素敵な絵本のような漫画に仕上がっています。

完全に僕の好みになりますが、鳥山作品で最高の絵なのです。

まぁ、後半になると我慢しきれずドラゴンボールのような戦闘シーンが出てきてますけど。。

あらすじはオバケの病が広がって、それを治す薬をもらいに人間と一緒に遠くまで旅をするというお話。キャラもかわいいのです。

1冊で完結するので、読んでない人は絶対に読んで欲しい。

 

COWA! (ジャンプ・コミックス)

COWA! (ジャンプ・コミックス)