読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

どうしても、最高の物語を作りたいんだ。

未経験から独学でCGデザイナーに転職する方法を現役CGデザイナーがこっそり教えます

CGデザイナー

僕がデジハリに通っていたときにも30代で異業種からCGデザイナーに転職しようと志す人はとても多かった。

そのころはとにかく言われたとおりのことをやる以外に道はないと思ってたけど、今思えば「CGデザイナーになる」ということだけを考えればもっと簡単な方法があったような気がする。

なんの根拠もないけど、どうすれば 良いかちょこっとだけ考えてみた。

 

スペシャリストになる

それは「スペシャリストになる」こと。

モデリングならモデリング。

モーションならモーション。

という風にひとつのスキルに特化したほうが近道なんじゃないかな?

若ければ全部一通りやってみたらいいと思うけど、30代ならひととおりやってる時間も惜しいと思うんだ。

あえて使用人口が少ないソフトを習得するというのも良い戦略かもしれない。

CINEMA4Dとか。

モデリングならZBlushや3D-Coatを極めた方が良いかもしんない。

 

習得する方法

今じゃネットにチュートリアルがたくさんあるので、独学でも使いこなせるようになる。

CGデザイナーになるには主にmayaや3dsmaxなどの高価なソフトが必要なので、手に入れるのは大変だから、放送大学など学生の身分がもらえるところへ安く入って学生版を入手しよう。

学生版は3年間無償で使用できるので、今の仕事を続けながらソフトの習得に励み、ポートフォリオを作って就職するという流れが安くていいかも。

もちろんデジハリなどのスクールに通うのも楽しく仲間ができていいと思う。

 

就職活動

年齢的なもので正社員への就職が難しいと感じたらフリーランスとしてプロジェクト単位の仕事に応募するとか、映像制作会社のホームページへいけばフリーランスの登録ができたりするので仕事があれば振ってくれるかもしれない。

実力さえあれば仕事はあると思う。たぶん。

 

まとめ

僕と同期にデジハリに通っていた人で30代でCGデザイナーに転職できた人は0人。。

ほとんどがモチベーションの問題だと思う。

仕事をしながらスクール期間内で3DCGを習得するというのは非情に大変でどんどんモチベーションが下がっていくのだ。

年齢というハンデを覆すためにはスペシャリストになるしかない。

そしてスペシャリストになるためには「その作業がめちゃんこ好き」じゃないと出来ないのだ。

それを見極めてからCGソフトを買うなり、専門学校に通うなりをしたほうが良いと思うんだ。