読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

お手軽に水彩画を楽しみたい人におすすめ!「呉竹透明水彩セット」を使ってみた感想

創作活動

衝動的に買ってしまいました。

 

やっぱ、あれちゃう?

色塗るにしても、アナログの味が1番ちゃうん?

と思い、どうしても試してみたかったのです。

 

購入したのは

呉竹 水彩セット 透明水彩セット フィス KG301-1 14色セット

呉竹 水彩セット 透明水彩セット フィス KG301-1 14色セット

 

 Amazonでレビューもよく、値段も他のものに比べるとお手ごろだったので買ってみました。

色の種類

f:id:Rosylife:20161019002142j:plain

ホワイト、ブルー、オリーブ、レモンイエロー、バーミリオン、イエローオーカー、バーントアンバー、バイオレット、ディープグリーン、グラスグリーン、ブラウン、ブラックの14色です。

ペンもついてますね。

0.3mmのドローイングペンと水筆ペンmini中です。

 

水筆ペンとは?

f:id:Rosylife:20161019002505j:plain

タンクに水をいれて、押すと筆のとこに水がいくというアイデアグッズです。

細かい絵を描くのに向いてるようですね。

使い心地はなんの違和感もなく使いやすかったです。

 

使ってみた結果

おもっきりにじみました。

苦労してペン入れした絵が。。。

そっか、墨汁はにじむのね。

耐水性のインクじゃないと駄目な模様。

はぁ。。

 

付属のドローイングペンならにじまないので、さくっと描いてみました。

f:id:Rosylife:20161019002933j:plain

んー。

難しい。

水分の調節が。

 

紙ももっと合うやつがあるんだろうなぁ。

結論としてはやっぱデジタルの色塗りが便利すぎる。

 

ただ絵を描いてる楽しさ、という意味ではやはりアナログか。。

こうして僕の「最高の表現」の探求はまだまだ続くのであった。。。

果てしなすぎる。。