読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

どうしても、最高の物語を作りたいんだ。

ロボットが仕事をするから、これからは娯楽の時代が来る説はホントなの?

創作活動

ロボットが仕事をする。

人間が暇になる。

娯楽を楽しむ人が増える。

 

という説。

 

たしかホリエモンさんが言ってた気がする。

他にもネットでそういうことを言う人はよく目にする。

 

娯楽の仕事が伸びるとなると、僕にとってはうれしい話である。

僕の物語を楽しんでくれる人が増えるかもしれない。

 

あとは娯楽というとスポーツかな。

僕は競馬が好きなので、競馬や乗馬が人気になってくれると処分される馬も減る可能性があるので、これも嬉しい。

 

色んな有識者が言うのだからこの説はきっと正しいのだろう。

ただ、ひとつ気になってることがあるんだ。

 

ロボットが仕事奪ったら、働けなくなった人は娯楽を楽しむ余裕なくない?

 

「ロボット導入するんでリストラしまーす★」ってなる危険があるのでは?

「ロボット導入したので、そのぶんあなたに休みあげますよ」てなるかね?

「その仕事はロボットがするんで、こっちの仕事してください」てのが普通なのでは。

特に日本だとやることなくても絶対8時間は会社にいないといけない空気になりそう。

 

例えば、駅の切符を切ってた人は自動改札機が出来たことによって、休みは増えたのだろうか。。。

 

ロボットと共存できた人が娯楽を堪能できる説

つまり仕事でうまいことロボットをつかって自分の利益と時間を確保した人だけが娯楽を堪能できる。ということになる。

大きな会社なら、偉いさんだけが恩恵を得るんじゃないかな。

 

仕事を奪われるか、解放されるかはその人次第になりそう。

 

これからは創造力がある人が生き残っていく時代。

 

とよく耳にする。

 

ふふふ。

いよいよ僕の時代がやってくるようだ。

そんな気配は微塵も感じないけれど。