読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

どうしても、最高の物語を作りたいんだ。

ダウンタウン松本人志が1番好きな映画「ペーパームーン」を見た感想

見ないと損する情報

独特なセンスを持つと言われてるダウンタウンの松本人志さん。

自身で作った映画は独特なセンスが受け入れられず、あまり評価が高いものではありません。。。

 

そんなまっちゃんが昔、ラジオの中で「千と千尋の神隠し」をボロクソに酷評してました。

あと「好きなものの話」の中でも「ダークナイト」を面白くないとばっさり切り捨てていました。

 

「え~、おもしろいけどなぁ」

とダウンタウン好きの僕は困惑すると同時に、

「じゃあ逆にまっちゃんの好きな映画はなんやねやろ?」

 

と思ってたらネットの書き込みで知りました。

ペーパー・ムーンていう映画が好きらしいです。

 

ガキつかの「クイズ松本の100のコト」でも一番好きな映画として

回答してます。

スポンサーリンク

 

ペーパームーン

監督ピーター・ボグダノヴィッチ

1973年公開

これを見て、「面白くない」とか「いまいちだった」
とか、そんなことを言う人はいないでしょう。
本来、映画というものは「ペーパームーン」のような
映画であるべきなんです。

上映時間2時間、見ている間は、時間を忘れて本当に
いい気持ちになったり、
見終わった後、気分が高揚したり、穏やかな気持ちに
なったり、見る前よりいい変化をもたらせてくれる。

見たことで、いい時間を手に入れたと思わせてくれる
ものでなくてはならないんです。

もうこれ以上何を求めるの?というぐらい完璧な
映画なんです。

そんな映画が、30年前に作られているんです。
つまり、
30年前に既に映画は完成されているんです。

 

松本人志

 

最近見たい映画は見尽くしてきたので、昔のんも見てみようかなぁなんて思ってたので

これは良い機会だと思い。

さっそくレンタルして見ました。

 

あらすじ

詐欺まがいな行為で聖書を売りつけて生計を立てている男と、

母親を交通事故でなくした女の子。

女の子を遠く離れた親戚のところへ男が車で送ることになる。

その道中でお金を稼ぎながら絆を深めていくロードムービー。

 

感想

けっしてビーフステーキじゃない。。。

これは・・・・スルメやでぇぇぇえ!!

 

てのを見終わってすぐに感じました。

おもしろーい!!みたいな感じじゃなく、

しがしがと面白みを味わうような。。

 

セリフの言い回しだったり、登場人物だったり。

 

なんかおもしろい。

大人がひとりで夜にのんびりと観るのに最適な映画ではないでしょうか。

 

 

なんとなくウェスアンダーソンの映画っぽいなぁ、と感じたので

ちょっと調べてみると・・・

 

なんとウェスアンダーソンはピーター・ボグダノヴィッチ監督を尊敬していて家族ぐるみの付き合いをしてるとか。。

そして偶然にもピーター・ボグダノヴィッチ監督の新作「マイファニーレディ」が13年ぶりに今冬公開されるらしく、プロデューサーがウェスアンダーソンのようです。

 

やはりウェスアンダーソンはちょいと影響を受けてるのかもしれませんね。

 

まとめ

松本さんが独特のセンスで絶賛してるわけではなく

アマゾンのレビューで5点満点

yahoo映画のレビューでも4.53点

レビューが辛口なツタヤDISCASでも3.89点

と総じてめちゃくちゃ高い評価を受けています。

 

ちなみに日経エンタテイメントで松本人志さんが連載していた映画評論「映画シネマ坊主」の中で10点満点をつけた作品は、このペーパームーンのほかに

 

  • ライフイズビューティフル
  • ダンサーインザダーク
  • 鬼が来た!
  • ディープブルー
  • モンスターズインク

があるので、まだ見たことないのは見てみようかな。

 

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

 

まっちゃんが僕の作った「国旗まん」を見たらどう思うかなぁ。

見てもらいたいなぁ。