読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

NHKに企画を応募するためにすごいのを考えてみた

創作活動

毎月NHKが映像制作会社向けに企画を募集しているのをご存知だろうか?

ジャンルやテーマ、演出スタイルは問いませんが、NHKの放送に新風を吹き込む単発、シリーズ企画またはレギュラー開発企画を求めます。世代、性別、趣味など視聴者層を絞った企画、子どもからお年寄りまで幅広い視聴者に見ていただける企画などターゲット設定も自由です。

 

 予算は上限3000万円程度でテレビ放送してもらえるかもしれないという夢のような募集である。

しかも募集は毎月されている。

とりあえず毎月応募してみる価値があるし、するべきだと思う。

うちのように小さい会社は特に。

 

では、どのような企画を応募するか。

「NHKの放送に新風を吹き込む~」とあるように、自由な発想で当たって砕けろ精神で考えてみよう。

企画書フォーマットには「企画のねらい、内容、演出方法、出演者などを1500字以内で具体的・簡潔にお書きください」「この企画がヒットすると確信する理由」というなんともざっくりとしたことしか書いていない。

 

これまで選ばれた企画をチラっと見てみると、ちょっと勉強になりつつユーモアを感じる作品が選ばれている。という印象である。

 

ぼくが新たに考えたキャラクターと世界観で短編アニメをつくり、そのキャラが知識を教えてくれるという流れにするとおもしろいと思う。

このアイデアとともにキャラと世界観のイメージイラストを社長に見せた。

「このアイデアでNHKの企画に応募しましょう」

「採用」

と2秒で社長は乗ってきた。

当然である。

ひと目でわかる魅力的な世界観を考えたのだ。

 

あとはこの新しいキャラと世界観を最高に表現するための方法を模索していこう。

NHKの企画に落ちてもこのキャラで新作を作りたいと思っている。

 

そう、新たな挑戦が始まったのだ。