ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

本気でおすすめの自主制作アニメだけを集めてみた

僕くらいになれば、制作した自主制作アニメが数々のコンテストに落ちまくってるくらいの実力がありますので、そんじょそこらの人よりは数多くの自主制作アニメを見てきたという自負があるのです。

 

とゆーことで、僕が「なんじゃこりゃ!」とびびるくらい表現力のすばらしい自主制作アニメだけを厳選して紹介していきたいと思います。

約3分~5分くらいの短編アニメから30分に及ぶ大作まで語り継いでいきたい作品ばかりです。

ゆっくりとご覧あれ★

 

わからないブタ 

f:id:Rosylife:20170629173938j:plain

YOUTUBEで見る

 

作者は和田敦(わだあつし)さん。

海外のコンテストでもたくさん受賞されてる作品で、たぶん日本トップクラスのコンテスト実績でなかろうか。

 なんともいえない奇妙な世界観とアニメーションは癖になってしまいます。

ん~すばらしい。

いかにもコンテストで受賞しちゃいそうな作品でございます。

「絵が下手だったから」という理由で、こういう絵になったそうな。

 

和田さんのサイト:ATSUSHI WADA

 

 SMALL PEOPLE WITH HATS 

f:id:Rosylife:20170629174215j:plain

vimeoで見る

 

作者は二瓶紗吏奈(にへいさりな)さん。

2015年のオタワ国際アニメーション映画祭で短編アニメ部門でグランプリに輝いてます。

 

・・・・・。

 

いや、ピンときてないかもしんないけど、世界4大アニメーション映画祭のひとつでめちゃくちゃすごい事なんです。快挙です。

こちらも、さきほど紹介した「わからないブタ」と同じく味のある手書きシュールアニメですね。

こういうのが海外の人にはウケルのかな?

 

the TV show

f:id:Rosylife:20170629174441j:plain

YOUTUBEで見る

 

作者は椙本晃佑(すぎもとこうすけ)さん。

見たときは衝撃を受けました。

テンポの良い音楽に乗せてドタバタしながらもしっかりとストーリーがある感じが気持ちよすぎます。

この作品の他に「これくらいで歌う」という自主制作アニメもあって、こちらもめちゃくちゃおすすめ。

 

椙本さんのサイト:SugimotoKousuke.net | 椙本晃佑

 

JUNK HEAD

f:id:Rosylife:20170629174854j:plain

YOUTUBEで見る

 

作者は堀貴秀さん。

ひとりで4年をかけて作ったストップモーションアニメで30分に及ぶ大作。

これはホントにすごい。

 

クレルモンフェラン短編映画歳で受賞するなどしてスポンサーさんがついた?

とかで、続編を制作してついに完成したとブログに書いてたので公開が楽しみですね。

これはほんとに歴史に残る作品&監督になっちゃうかも。。

ブログも昔からされてて、さかのぼって読んでみるとても面白いよ。

 

堀さんのサイト:YAMIKEN SITE

 

恋するネズミ

f:id:Rosylife:20170629175152j:plain

YOUTUBEで見る

 

作者はひだかしんさくさん。

言葉ではうまく説明できないけどなんだか心に残る物語です。

なんなんでしょういったい。

 

ひだかさんのブログ:ひだかしんさくのブログ2

 

獅子として生きる

f:id:Rosylife:20170629175340j:plain

YOUTUBEで見る

 

作者はZENTOYという4人からなるユニットさんです。

この映像の美しさとキャラのかわいさを見てください。

オタワ国際アニメーション映画祭の子どもむけ短編アニメ部門で準グランプリに輝きました。

当初はシリーズものの予定だったようですが、続編は制作されてない模様。

これくらいの大作になると、作る労力がすごいですからね。。

余裕でNHKでテレビアニメシリーズになっても良さそうなもんですが、なかなかせちがらい世の中ということでしょうか。

 

ZENTOYさんのブログ:ZENTOY

 

糸人間作品

f:id:Rosylife:20170629175754j:plain

YOUTUBEで見る

 

棒人間のキャラクターでアクションを突き詰めた作品です。

何がすごいって、この変哲もない棒人間を究極なまでに突き詰めた結果、なんだかものすごい領域に行っちゃっててyoutube再生数もチャンネル登録者数もすごいことになってます。

始めはただの「ペイント」で描かれたアニメーションでしたが、独学でBlenderというCGソフトを覚え、何年もかけて作品を発信されることで多くのファンがついているのです。

まさにクリエイターの鏡。

その精神がすばらしい。

 

作者さんのtwitter:

derahope@糸人間作品 (@derahope) | Twitter

 

 ヤンキーハムスター

f:id:Rosylife:20170629180132j:plain

YOUTUBEで見る

 

作者はピソスタジオという2名のチーム。

大学の授業がきっかけでアニメーション制作を始めたんだとか。

自主制作アニメの目標のひとつに「収益化」というものがあると思いますが、このヤンキーハムスターはまさに理想系ではないでしょうか。

面白いアニメを定期的に配信することでたくさんの人に愛されるキャラクターに育っています。

社会人になっちゃうと定期的に自主制作アニメを配信するというのは至難の業ですから、大学在学中にチャレンジしたこと、好きなことを見つけたこと、なによりこれを作れるセンスがうらやましい。

 

ピソスタジオさんのサイト:Piso Studio Official Website

 

ボンとハレトモ

f:id:Rosylife:20170629180258j:plain

YOUTUBEで見る

 

作者さんはuwabamiさん。

表現のアイデアが素敵ですよね。

やられた!って感じです。

絵もかわいいし。

アニメなんて見ない人でも好きな人がいそう。

クリエイターにとって「あの人の表現スタイルだ!」とわかるってすごい武器ですよね。

これからもこのスタイルを貫いていって欲しいなぁ。

 

uwabamiさんのサイト:uwabami official web site

 

ここまでは日本の作家さんの作品を紹介してきましたが、ここからは海外の作品で僕のお気に入りの自主制作アニメをいくつか紹介していきたいと思います。

 

Kiwi!

f:id:Rosylife:20170629200848j:plain

YOUTUBEで見る

 

再生回数はなんと4000万回超え!!

恐らく世界で最も視聴された短編アニメじゃないでしょうか。

アップロードされたのが随分昔ということもありますが、わずか3分にすべてが凝縮されていて、これぞ短編アニメの完成形とも言える名作です。

 

el Empleo

f:id:Rosylife:20170629202036j:plain

 YOUTUBEで見る

世界は広い。

異次元のセンスを見よ。

 

Edmond was a donkey

f:id:Rosylife:20170629203058j:plain

YOUTUBEで見る

 

画像を見ただけで見たくてしかたがないでしょ?

キャラの魅力が半端ないフランスの短編アニメ。

フレンチエッセンスがぎゅっとつまってます。

 

Moving on

f:id:Rosylife:20170629203424j:plain

vimeoで見る

 

これは確か「感動すると話題!」みたいな感じで「スッキリ」でも紹介されてた記憶があります。

 

旬な短編アニメを見るには

短編アニメはものすごい数がyoutubeやvimeoにアップされてるので全部見るのは不可能

なくらいです。(vimeoというのは高画質な動画サイトで海外の映像クリエイターの作品が多数アップされてるとこです)

そんな中から、質の高い短編アニメを見たい人におすすめのチャンネルをご紹介しておきます。

 

 

GEIDAI ANIMATION - YouTube

芸大の生徒さんの作品がまとめて見れるチャンネルがこちら。

まさに旬なアート映像を見れるわけです。

 

gobelins - YouTube

こちらは海外の学校の生徒さんの作品です。

クオリティが高すぎて天才しかいないように思いますが全部生徒さんです。

もはや恐ろしいです。

 

CGアニメ作品をチェックしたい人は

The CGBros - YouTube

CGMeetup - YouTube

これらのチャンネルでバンバンアップされてるので見てみましょう。

 

しちごろく

このしちごろくというサイトでは、たくさんの短編アニメが紹介文つきでおすすめされてるので、自分の好みの映像を見つけやすいと思います。

 

Everything Animated on Vimeo

vimeoでおすすめの短編アニメをまとめてるチャンネルがこちら。

紹介されてる動画は海外のコンテストで高い評価を受けているものも多く、色んな表現の可能性を知ることができるのでさーっと見るだけでも面白いですよ。

 

まとめ

もちろん僕が知ってる自主制作アニメも全体のほんのわずか。

紹介した作品も僕の好みが多分に入っていますし、世の中にはまだまだたくさんの自主制作アニメが埋もれています。

そんな埋もれた中にもきっと名作がたくさんあることでしょう。

埋もれてる僕が言うんだから間違いありません。