ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

積立投資にぴったりなインデックスファンドのおすすめを調べまくった結果【初心者向け】

 こんにちは。

投資チョー初心者のありまです。

 

チョー初心者なので、色々本を読んだりして積立投資について勉強したので、今日はそんな積立投資にぴったりのインデックスファンドを紹介したいと思います。

僕がおすすめしてるんじゃなく、ベテランさんがおすすめしてるので間違いありません。

たぶん。

 

ここで紹介するインデックスファンドはすべて買い付け手数料無料、500円から積立OKになっております。

 

世界経済インデックスファンド

世界と名がつくだけあって、世界中の国に分散して投資してるので「世界と共に生きている」という実感を得ることができます。(知りません)

投資の格言に「ひとつのカゴに卵いっぱいいれたらアカンで」というものがあります。

カゴを落としちゃったら卵が全部割れちゃうから分散しなさいよってことです。

この世界経済インデックスファンドなら、これひとつで分散できちゃってます。

先進国や新興国の比率がやや高めなので「これからは日本よりも世界やで!」という人におすすめ。

 

ニッセイ国内TOPIXインデックスファンド

TOPIX(東証株価指数)の動きに連動する投資成果を目指してるインデックスファンドなので、日本の有名な企業に分散投資しております。

なんかわかりやすくていいよね。うん。

「東証株価指数はどうこうです」ってニュースでもやってるし。

国内で安定しててバランスがとれてる投資をしたいならこれかな。

 

eMAXISバランス(8資産均等型)

国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債権、新興国債権、国内リート、先進国リートの8つに均等に分散投資をしてるインデックスファンド。

 なんせバランスのよさが魅力でリスクを出来るだけ少なく投資をしたい人にはぴったり。

 

ニッセイ外国株式インデックスファンド

日本を除く世界主要先進国の株式に投資してるインデックスファンドでコストも安いことからSBI証券の人気ランキングでも上位に入ってますし、「ほったらかし投資術」という話題の投資本でも本書のイチオシとして紹介されていました。

特にアメリカの比率が高くてアップルやマイクロソフト、アマゾン、フェイスブックなどの有名どころに投資してます。

 

野村インデックスファンド・新興国株式

インド、南アフリカ、台湾、韓国、中国などこれからぐいぐい来そうな国のIT関係の株に投資してるので、リターンも期待できるけどリスクも大きいというインデックスファンド。

チョー初心者のぼくのおすすめがこれです。(逆に心配)

 

ひふみプラス

SBI証券の人気ランキングでいつも1位なのがこのひふみプラス。

優良企業で業績も良いのに知名度の低い割安な会社に投資する。そして下落が予想される局面では株式を売却、組入比率を低めることにより、資産を守りながらふやすというまさに理想の投資をしてくれるインデックスファンド。

チャートを見ても右肩上がりがすごい。

どこまで上がるんやろか。。

 

まとめ

どれもこれも気になりますが、毎月1万~2万円を積立投資するとなるとこの中から2つくらいに絞る必要があります。

僕は勢いに任せて「野村インデックス・新興国株式」と「ニッセイ外国株式インデックス」を買ってしまいました。

でもこれどちらもリスクの高いやつなんですよね。

大丈夫かな?

 

「なんで積立投資がおすすめなの?」という人には「積立投資のすべて」という本をおすすめします。

これ読むとうまく行く気しかしないという恐ろしい本です。

ほんとなのか実践してみます。

こうごきたい!