読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

専門家が教える服屋での最高の接客方法

見ないと損する情報

どうも、専門家の僕です。

専門家の僕から言わせてもらうと、大抵の服屋さんの接客はなっていません。

googleで「服屋 接客 うざい」という候補が出るのもうなずけます。

 

じゃあどんな接客が良いの?ってことで、今日はその道30年以上の大ベテランの僕が接客方法を教えます。

 うざがられること

うざいと思われる接客を先に教えます。

「服屋で働いてる俺、マジおしゃれ」という雰囲気が出てる人。

「今日は何を探しに?」ていう人。

「それと似たようなので・・・」とか言ってどこぞからおすすめ商品持ってくる。

 「これ今人気なんですよ!」人気のものはむしろ欲しくない。

「これ僕も持ってます」あなたと同じ服は欲しくない。

さりげなく

最高の接客は「さりげなく」これしかありません。

たまぁ~に気持ちの良い接客をしてくれるお兄さんがいますが、みんなさりげないことが共通しています。

ぺちゃくちゃ喋りかけられてり、やたら視線を感じた時は「帰ってゾゾタウンでゆっくり見よっと」と思いすぐに店を出ます。

声は落ち着いていて、媚びた感じもなく偉そうでもない。

その商品のちょっとしたウンチクが入ってたりすると楽しいです。

でもあまり多くは語らずスっと離れていく。みたいな。

 遠くからでも見てるなぁという視線を感じるので、お客のほうを見ないというのがポイント。

 接客しない

さりげなく接客するのは、その人ももつ才能だったりもしますので、出来ない人は接客しない。という方法が一番です。

レジのとこで座っておいてください。

落ち着いた声で「いらっしゃいませ」と言って、あとは視線を外して外国のファンタジー小説でも読んでいてください。

それじゃ売れない!と思うかもしれませんが、ヴィレッジヴァンガードのように気になるポップを置いておけば売れるでしょう。

 

ペッパー君

アパレル業界はこれからロボットに制圧されると思います。

なぜならペッパー君ならどんなに付きまとわれてもうざくないからです。

ペッパー君が「あなたの体型に合うのはこれです」みたいな感じで教えてくれたら楽しい。

もちろんその場合あなたは奥のレジに引っ込んで外国のファンタジー小説を読んでてください。

 

まとめ

つまり、店員は1人か2人で十分です。

2人の場合1人はペッパー君で。

 

マニュアル的なものや、本とかで勉強してるのかもしれませんが、その手法はもう飽き飽きされてる時代遅れなものと気づきましょう。

 

 とゆーことで、これらの意見を参考に接客してみてくださいな。

以上、服を買う専門の僕からでした。

 

服を「売る専門」の人が「買う専門」の人に接客で敵うわけがありませんよね。

どうやって接客するかということを売る専門の人で話し合うことすらズレてるのです。