読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

読者数200人を超えた人気ブロガーの僕がはてなブログの真実を明かします

はてなブログ運営日記

つ・い・に!

 

はてなブログの読者数が200人を超えました!!

 

ちゅーことで、これで僕も人気ブロガーの仲間入りということです。

 

嘘です。

 

僕はブロガーではありませんし、人気もありません。

ブロガーになりたいのではなく、作品を発信するために始めました。

とはいえ僕もはてなブログを始めた当初は読者数200人以上の人を尊敬のまなざしで見てたこともありますが、今でははてなブログの会員数が増えてるのか読者数200人越えはざらにいます。

 

はてなブログはたしかにおすすめできるブログサービスですが、僕が感じたはてなブログの真実をまとめてみたいと思います。

 

読者数について

はてなブログをしてたら「読者になる」というボタンを押せば、更新を知らせてくれる機能があります。

僕の感覚で行くと読者になってくれる人の200人中70人は「読者になってほしいから読者になる」という人です。

そして200人中100人の人は今ではブログ更新をやめてます。

残りの人は、たまたま暇な時にたまたま気になったタイトルの記事を見つけたら読んでみる。という人がほとんどだと思います。

大抵の人はブログを始めた当初はたくさん他のブログを読みますが、自分のブログが軌道に乗ってくると他の人のブログは見なくなるものです。

 はてなブロガー同士で仲良くしなくても、検索から来る人を意識したほうがよっぽど良いことに気づくのでしょう。

 

はてなスターについて

はてなブログには「イイネ」という意味でスターをつけるという文化がありますが、僕が書いた記事の大半はこのスターが3人くらいからしかつけてもらえません。

200人中3人です。

もはや読者でもなんでもない人が山のようにいることがわかります。

 

中には「自分のブログを見てほしいからスターをつける」「読んでないのにスターをつける」という人もいます。

 今では気にもならなくなりましたけど。

 

でもやはり「ほんとに読んでくれてる」と感じるスターは嬉しいものです。

この場を借りますが、いつもスターをつけてくれるid:basiliskosさんとid:k10no3さんにはホントに力をもらっています。

ありがとうございます。 

 

たまに日記のような記事に何百というスターがついてたりするブログを見かけますが、もはや僕にはわからない世界です。

ブログコミュニケーション能力の高い人、ということにしておきましょう。

 

はてなブックマークについて

はてなブックマーク(はてブ)は強力な拡散ツールとして有名なだけに、色んな議論が巻き起こるもとです。

はてなブログの強さはこの「はてブ」がつきやすいことにあります。

つまり、ブログ仲間をつくって記事に「はてブ」をつけてもらうことで拡散が期待できるのです。

 

なんでもないような記事にコメント付きの「はてブ」があった場合、100%「ぼくのブログにはてブよろしくね」って意味です。

僕はこういったはてブがあった場合、気になった記事については気軽にはてブを返すようにしてましたが、しばらくするとまったくおとさたがなくなります。

ブログ更新をやめたか、ある程度のブクマ仲間を確保したから用無しになったかのどちらかでしょう。

それについても、そんなもんだと思ってるので気にしてません。

どちらかというと、はてなブックマークのシステムに問題があるような気もしますが。

 

はてなブログについて

とても使いやすくおすすめのブログサービスです。

SEOにも強いですしね。

オフ会をしたりする人たちがいたり、必死にブクマ仲間を作ろうとしたり、必死に読者数を増やそうとしてる人とかいますが気にする必要はありません。

その人が楽しんでれば別に良いことですし、ブログを続ければ続けるほど周りはどうでもよくなってくるもんです。

 

読者数の増やし方

はてなブログのカスタマイズができる知識がある人や、デザインの知識がある人はすぐに読者が増えるイメージがあります。

あとははてなブロガーに受ける記事を書けるかどうかです。

僕も始めのほうはブログじたいが楽しかったので、雑多な記事を書いてました。

そうすると読者数はどんどん増えていきました。

最近は創作関係を多めに意識してるので、まったく増えません。

はてなブログの攻略法という意味では、始めは雑多な記事やブロガー向けの記事を書いて、周りと仲良くしつつ、ある程度アクセス数が増えてきたらテーマを絞っていくのがいいのかもしれませんね。

はじめはしっかりと何個かおもしろい有益な記事を書いて、自分からスターやブックマーク、読者登録をすることで存在を知ってもらう、自分のブログで他のブログを紹介するなどして見に来た人に「おもしろそうだから読者登録しとくか」と思ってもらうことが必要になってきます。

てことは、別に毎日ブログを書く必要もありません。

むしろ量より質です。

文章がおもしろい自信があるなら毎日書いてもいいと思いますが。

 

まとめ

 読者数は全然あてになりませんが、読者登録してたらなんとなく仲間意識が芽生えてきます。僕は読者登録してる数も少ないですし。

読まなくとも「あ、このブログ更新してるなぁ」と少しうれしくなったりするもんです。

 

「ブログをする」という目的でやってる人は更新が途絶える傾向があるように思いますね。

僕は作品を多くの人に見てもらいたい、何か素敵な縁が出来ればというセルフブランディング的な意味合いを込めてやってますが、特に強い想いがない人は挫折しちゃうのかも。

 

僕はまだまだブログをやめる気配は感じてません。

むしろとてもいい感じでブログというものと付き合えてる気がします。

「更新しなくちゃ」という意識は全然なくて、書きたいことがあったら書くだけなので、一月に10記事くらい書けたらいいかなぁ、と思ってます。

とゆーことで、更新が滞っても忘れないでくださいませ。