ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

CGアニメを使った映像制作の予算と料金相場はいくら?

「youtubeに自社のキャラクターを使ったアニメをアップしたい!」

「CGアニメを使って自社商品の動画広告を作りたい!」

「自分の考えたキャラクターや脚本でCGアニメを作ってほしい!」

「バンドのミュージックビデオにCGアニメを使いたい!」

 

という企業さんや個人の人も増えていると思われる今日この頃。

 

そういえば、僕がブログで発信しているのも「CGアニメの仕事を受けるため」というのがひとつも目的だったような気がします。(忘れてた)

 

「でもCGアニメ制作を依頼するのって、料金はどれくらいかかるの?」

というのは正直よくわかんないとこだと思うので、僕なりに感じるところを書いてみます。いちCGデザイナーなので詳しくは知りませんが。

 

実はこのブログを見た人がたまに「CGアニメを作ってもらえませんか?」と連絡がくることがあります。

でも、1回も仕事を受けたことはありません。

予算が少なくて、受けたくても受けれないのです。

 

人月単価

予算を計算するときによく用いられるのが人月単価(にんげつたんか)と呼ばれるものです。

よく「人件費は給料の2倍くらいかかるのであーる!」と言われますよね。

つまり社員ひとりにつき、最低でもひと月50万円はかかることになります。

会社の利益なんかを考えると、ひと月60万円くらいがひとつの目安になりそうです。

 

ひと月の作業日数を20日で計算すると60万円÷20日で3万円になります。

なので、ひとりが1日かけて出来る仕事なら3万円。

5日かかる仕事なら15万円の予算が必要ということです。

これをベースにプロジェクトの予算を組むことになります。

 

どんなものが作れるのか

「じゃあひと月でどんなものが作れるの?」というとこれが難しい問題です。

求めるクオリティや表現で大きく変わってくるので何ともいえません。

キャラクターデザインや世界観、シナリオが決まってないと、それを考える時間も必要になります。

 

例えば僕の自主制作アニメのキャラクターや表現なら、作るのもそんなに日数はかからないので、簡単なCGアニメであれば1ヶ月で1分のアニメをつくるとこも可能です。

2ヶ月で5分のCGアニメを作ったこともあります。(音楽は別)

でも「ここはもっとこうして欲しい」という細かい要望や修正があったり、フィードバックが遅いと倍くらいの時間がかかってしまいます。

結局、作業日数は「どれだけ修正があるか」にかかっています。

 

ある程度、こちらの自由に作らせてもらえる仕事の場合は、CG制作の作業効率を考えた上でシナリオ、絵コンテ、キャラデザインを作ることが出来るので、よりスピーディーに制作することが可能になります。

 

予算を抑える方法

場合によっては予算を下げる相談も出来ます。

それは「安くても制作側にメリットがあると感じた場合」です。

 

例えば、それを作ることで会社のプロモーションになる。

その仕事をきっかけに新たな仕事の可能性がある。

新たなパイプにつながる。

スケジュールに余裕があり、スキマ時間に作れるなど融通が効く場合。

などです。

 

見積もりをお願いすれば、「こういう表現や演出をすれば予算内におさめることが出来ますよ」といった提案もしてもらえるので、CG制作会社やクリエイターのホームページを見て過去の仕事で「こんな感じのを作って欲しい」というのがもしあれば、問い合わせてみると良いと思います。