読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

「100年愛されるキャラクターのつくり方」という本がおすすめ

歴史に残るキャラクターを生み出したいと思ってる僕にとって気になる本を見つけました。

これです。

タイトル100年愛されるキャラクターのつくり方

タイトル100年愛されるキャラクターのつくり方

 

 2005年に発売されてるのに全然知りませんでした。

とゆーよりこのタイトルだとどんな本かわからないからもったいない。。

「もっと早く読んでおけば」と思わせられる本でした。

著者は近藤健祐さんというキャラクタープロデューサーであり、キャラクターブランド・ライセンス協会の理事の方です。

なんとお値段200円。

感想

本はおおまかに

  • キャラクターをセルフプロデュースしてみよう
  • キャラクターを売り込む
  • 知っておきたい法知識
  • 企業キャラクター利用講座

という章があるのですが、「キャラクターを売り込む」の章はもっと早くに知っておきたいことでした。

キャラクターをつくることはみんなできるし、そういう本は多いと思うけど、具体的に売り込む方法がみんなわからない。

言われてみれば当然のことを書いてあるのですが、その時には意外と頭が回らないものですし、「こんな感じで売り込むのかなぁ」と漠然と考えることはできても正しい情報がないので結局どうすればいいのかわからず動けないものなのです。

僕が「国旗まん」を売り込むために周りに聞いても「バイヤーに出会うしかない」という情報しか得られませんでしたもん。

 

この本にはグッズをつくりたい人のアプローチ方法、商品広告のイメージキャラクターにしたい人のアプローチ方法、企画会社やエージェントを利用する方法など、その全然わからない「キャラクター売り込む」方法が簡潔にかかれています。

 

ただ簡潔に書かれているので具体的な詳しいことはわかりません。

企画会社やプロダクション、広告代理店などへ持ち込むということが書かれているけど、漠然としすぎていて全然ピンとこない。

どうやってその会社を見つけるのか、どういう風に選ぶべきか。などが知りたいところ。

 

そういうもっと詳しく知りたい人のためにキャラクターブランド・ライセンス協会のほうでいろんな活動をされてるっぽい。

セミナーも頻繁に行われていますね。

CBLA 一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会

会員になればそういう情報が得れるのかな?

 

著者の近藤健祐さんのブログはこちら、僕は前からちょくちょく見てましたが、最近ご自身のブログでこの本が紹介されてたので本の存在を知りました。

最近はキャラクタープロデュースに関する情報も多く発信されてますので興味のある方はぜひ。

これからの時代の売り方

もちろん、2005年のSNSなどもない時代の本なので、今の時代は色んな方法があると思います。

ちなみに僕が今の時代を意識して独自に考え出したキャラクターをヒットさせる秘訣はこちら

オリジナルキャラクターを本気で売り込み、人気キャラにして商品化する秘訣を考えてみた

でも、やっぱり王道は知っておいて損はないんじゃないかな。