ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

絶対に誰も明かさない、本当にブログアフィリエイトで稼ぐ方法

ブログを始めて2年がたちました。

色々とブログに関することを知るようになって、見えてきたものがあります。

ブログ経験者ならあたりまえのようにしっているけど、「ブログで稼ぐ方法」系の記事で真実を書いてるブログはひとつもありません。

これだけブログをする人が増えているにも関わらず。

 

なので僕が「本当にブログで稼ぐ方法」というものを明かしてしまいます。

ブログで稼ぎたい人も、それに興味ない人も、しくみを知っておくことは大事だと思います。

 

ブログで稼ぐということ

 ブログで稼ぐというのは、基本的に情報弱者の人からお金を吸い取るしくみです。

心を悪魔に売って、ブログでお金を稼ぐならば簡単かもしれません。

とはいえ、一連のキュレーションメディアの騒動でこれからは少しは難しくなると思いますが。

 

ブログでお金を稼ぐ方法は大きく3つあります。

Googleアドセンス。

Amazonアソシエイト。

アフィリエイト。

 

この3つ。

それぞれの稼ぎ方を僕の憶測も含めまして紹介していきます。

 

Googleアドセンスで稼ぐ

記事の中にベタベタと貼ってある広告のことです。

参考にひとつ貼ってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

これです。

Googleがその人の検索履歴と記事の内容から最適だと思われる広告を貼ってくれます。

これはクリックするだけで、ブログ運営者に報酬が入るしくみです。

1クリック25~30円くらいかな?

100人に1人くらいがクリックしてくれれば良いほうで、稼ぐには大量のアクセス数が必要になりますが、役立つブログを書く→アクセスが集まる→アドセンス報酬が増える、というのが王道の方法かなぁと思います。

記事上、記事中、記事下と貼る場所がありますが、稼ぎたい人はそのすべてに貼ってますね。

うざいだけだけど、効果があるからやっているのでしょう。

うざいと思われるかどうかではなく、儲かるか儲からないかが大事なようです。

 

広告を貼ってる当のブログ運営者は広告をブロックするアプリを入れてたりします。

もし、この広告がイヤなら「adblock」と呼ばれるアプリを入れちゃいましょう。

でもそんな人が増えたらブロガーは困るでしょうね。

 

Amazonアソシエイトで稼ぐ

Amazonの商品リンクを押して購入すればブロガーにいくらか入るしくみです。

ブロガーの中で特に人気なのはストレングスファインダーという診断ができる「さぁ、才能に目覚めよう」という本です。

なぜこれが人気なのかと言うと、新品(2000円)で購入しないと診断ができないので、リンクから購入された場合にAmazonの報酬額が期待できるからです。 

今の文字リンクからAmzonで買い物をしたら、僕に報酬が入るというしくみです。

 

報酬額が高いのはAmzonビデオ(料率10%)やKindle本(料率8%)ですね。

おすすめ漫画の記事がネット上に多くあるのはそのためです。

ちなみに紹介した商品でなくてもリンクをクリックした人が24時間以内にAmazonで買い物をすれば、報酬が入ってきます。

楽天の商品を紹介する楽天アフィリエイトも似たようなしくみです。

 

ちなみに僕は誰かのブログで買いたい商品を見つけてもオリコカードザポイントのオリコモールを経由することでポイントを貯めてます。

そんな人が増えたらブロガーは困るでしょうね。

 

アフィリエイトで稼ぐ

「絶対に誰も明かさない」部分はここです。

ブログでアクセス数を増やした人の多くはアドセンスやAmazonアソシエイトからこのアフィリエイトへと以降します。

なぜなら、アフィリエイトのほうが効率よく稼ぐことができるからです。

アフィリエイトという仕組みは悪いものではないのですが、残念ながら「ブログ 稼ぐ」で検索する人に限ってはただのカモにされるだけなのです。

 

なぜカモになるのかと言うと、「ブログ 稼ぐ」でよくみかけるのが、ASPと呼ばれるアフィリエイトサービスのサイトに誘導するパターンが多いからです。

 

優しく親切に「A8.netはおすすめなので登録しておきましょう」みたいに書かれていますが、本心はお金が稼げるからその記事を書いているだけなのです。

そのリンクを踏んでASPに登録することで、そのブロガーに報酬が入るしくみです。

 

しれっとASPのリンクを踏ませるように誘導することこそが「本当にブログで稼ぐ方法」なのです。

 

他にも、独自ドメインを取るために「お名前.com」を紹介したり「有料のwordpressのテンプレート」や「サーバー」をおすすめするのがよくある手段ですが、これらすべてが「アフィリエイト商材」なので、リンクから契約すればブログ運営者にお金が入ります。

転職系のアフィリエイトもよく見かけますが、これも転職することがおすすめなのではなく、転職サイトに登録すればブログ運営者に報酬が入るからおすすめしているに過ぎません。

でも、この場合、正しい情報ではあるので誰も悪くないし損はしないので問題ありません。

 

問題なのは「知らないけど、稼ぐために紹介している記事」です。

アフィリエイトでおすすめされてるものは、自分が経験しておすすめしてるものではなく、ただ単にアフィリエイトサービスに商品があって、報酬額が高いというだけでおすすめしてることも多いので注意が必要です。

例えば「ドッグフード おすすめ」とかで調べたら多くのアフィリエイトサイトが表示されて、高額なドッグフードの公式サイトへ誘導されます。

大抵Amazonのほうが安いけど、公式サイトで購入しないと報酬を得ることができないからです。

おすすめ順と書いてますが、実際は「利益の大きいもの順」でしかありません。

これも、まぁ今の仕組みだと稼げちゃうので、どちらかというと仕組みの問題のような気がします。

 

その他の稼ぐ方法

ブログで稼ぐことに成功した人が次にやることは、その「稼ぐノウハウ」でセミナーをしたり、noteで販売したり、オンラインサロンを始めたり、kindle本を出版するという方法があります。

それも大抵、情報弱者にむけた基本的なものだったりします。

 

ここでも、大事なのはそのセミナーに参加したり、noteを購入することがお金を稼ぐ方法なのではなく、これらの「ノウハウを売る」というのが本当の稼ぐ方法のように感じます。

 

ブログで稼ぎたい人が知りたいのは「ブログで稼ぐための具体的な方法」だと思います。

ですがネットを必死こいて検索してもカモになるばかりで、そんな方法は見つけられないでしょう。

具体的な方法は誰にも教えず気付いた人がやるでしょう。

それに必要なノウハウはすでに有料で買わなくてもネットで無料で見れます。

有料のノウハウを購入したブロガーが余すことなくブログで発信しています。

ブロガーに対してのノウハウなんだからブログに書かれるのは当然のことです。

 

本当に効果のあるセミナーや本があるとすれば、「あなたはこの分野でこんなタイトルの記事を書きましょう、その記事にこのアフィリエイトのリンクを貼りましょう」と1人1人にレクチャーしてくれるものでしょうか。

そんなものあるはずがありませんよね。

 

まとめ

勢いで書いたので、まとまってなくてわかりにくい部分があるかもしれません。

特に訴えたいメッセージもありません。

 

まとめると「ブログで稼ぐには何も知らない人に、しれっとアフィリエイトリンクを貼って誘導する」ということになります。

人を信用させる情報量と文章テクニックも必要になるでしょう。

相手も自分で判断して商品を購入したり登録したりするわけで、悪いということでもなくむしろお金がまわるぶん、経済的には良いのかもしれません。

 

ただ「こういうカラクリなんだよ」と「そしてそのカラクリを考えることこそが稼ぐ方法なんだよ」ということを知って欲しかったのです。

なによりネットで商品を買う人も「これはどんなカラクリだろう」と考えて行動して欲しい。

 

まぁ、僕も稼いでるわけじゃないので、この記事の内容すら疑うべきかも。