ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

ソフトバンクからイオンモバイルの格安simスマホに乗り換えるわかりやすい方法

やっとこさ格安simと呼ばれるものに移行することに成功しました。

ソフトバンクのiphone5からイオンモバイルのhuawei p9 liteに乗り換えしました。

 

なぜソフトバンクがダメなのか

もちろん料金の問題が一番です。

僕は全然パケットを使わないのに、そういう安いプランもありません。

解約月とかいうわけのわからない縛りも嫌でした。

縛られてるというだけでストレスがありました。

 

また解約月に解約するとしても、パケット代金は日割りにはならず全額払わないといけません。

そういうところが目にあまり「ソフトバンクと決別したい」と思いました。

MNP予約番号をもらう時は解約月の下旬にしましょう。

 

なぜイオンがいいのか

解約月という概念がありませんし、困ったらイオンに持ってけばいいという安心感は大きいです。

よくわかんない会社とネットで契約するとか、なんか怖いですよね。

難しそうですし。

 

イオンモバイルはパケット使用量によって料金が変わります。

月2ギガのプランなら1380円。

安心パックをあわせると月2000円くらいで済みます。

事前に自分が毎月どれくらいデータ通信してるか確認しましょう。

マイソフトバンクを見ればわかります。

 

電話をよくする人にはイオンモバイルはおすすめできないかも。。

30秒で20円かかります。

通話料金のプランはありません。

 

MNP予約番号を手に入れよう

0800-100-5533 に電話して「MNP予約番号が欲しい」と言えばすぐにもらえます。

事務手数料が3240円かかります。

事務手数料がかからないYモバイルを勧められましたが断りました。

Yモバイルは型落ちした機種しかないからです。

それとなんといってもソフトバンクと決別したかったのです。

 

ですがYモバイルは通話をよくする人は一考する価値があるかもしれません。

あと最近ではラインのできるガラケーもありますので、通話やメールができてラインができればいい、という人にはおすすめです。

 

MNP予約番号は15日間有効ですので、その間にイオンへ行って契約するとう流れです。

もし15日の間に他社で契約しなければ、自動的にソフトバンクとの契約が続きます。

 

イオンモールへいこう

オンラインでも購入できますが、不安があるので店舗へ行ったほうが良いと思います。

イオンモバイルを取り扱ってる店舗を調べてから行きましょう。

 

あとは店員さんに聞いて契約すれば、驚くほどスムーズに進みます。

好きな機種を選べばよいと思いますが、僕はhuawei p9 liteを選びました。

最新の機種で3万円代は安いんじゃないかな?

 

注意点としては契約するにはクレジットカードが必要ということです。

あとは免許証ですね。

機種代を分割で払うにはイオンクレジットカードを契約する必要があるとのことです。

 

イオンで契約するとソフトバンクとは自動的に解約されるのでご安心を。

もうソフトバンクに連絡することはありません。

 

あなたは自由を手に入れたのです!!

 

 ちなみにカバーはこれ。

かっこいいし、頑丈で言うことなし。

 

追記:半年間使ってみた感想を書きました。

格安スマホ「Huawei P9 Lite」の悪いとこをレビュー

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます