ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

60代の人にブログのアドバイスをさせて頂きました!

こないだ60代の人からメールがありました。

僕のブログを見て「初めて正直な人に出会った」と感じたようです。

その記事はこちら。

たしかに正直過ぎます。

こんだけ書いたので、検索上位に上がってくれたら面白いのになぁ。

ガンガン追記していこう。

 

アドバイス、というとおこがましいのですが、まぁ、「こうしたらいいんじゃないかなぁ」というのはブログをやってるとだいたいわかってきます。

法則は簡単なのです。

 

ブログは年を取れば取るほど有利説

その60代の方と何回かメールのやりとりをして感じたのですが、もうネタの宝庫です。

僕の倍生きてるのに、まるでキラキラと輝く若手のホープに感じました。

 

発明を趣味にしていて、その発明品の認知度をアップさせるためにブログを始めたいということだったのですが、発明以外にも農業、ウォーキングなどをされていて、いくらでもブログに書けそうなことを思いついたので、頼まれてもいないのに、思いついたことをどんどん言ってしまいました。

「こんなタイトルで、こんな内容で書いたら絶対いけます!」みたいな。

めちゃんこ感激してくれました。

こっちとしては普通というか、セオリーなことなんですけどね。

 

これまでたくさんのインプットがあるから、大量にアウトプットできるのです。

しかもオリジナリティあふれる、その人しか書けない価値あるものが。

つまり年を取れば取るほど、ブログには有利ということになります。

たいした人生経験のない人のブログってつまんないですもんねぇ。

(このブログが雄弁に物語っていますね)

 

この人は発明をされてるので、発明のことをブログで書けば、同じ趣味の人とつながることも出来るし、アクセス数が増えれば広告収入も入ります。

会社を定年退職された60代や70台の人だと、時間に余裕もあって面白いブログライフが送れそうな気がします。

でも最初はどうすればわかんないですもんねぇ。

調べようにもうさんくさいサイトばっかりだし。

 

まとめ

発信することで夢を叶えたい人はぜひブログをやってみましょう。

夢が叶うなんて言わないけど、夢に近づくような感覚は良い時間ですから。

 

そうそう。

もし僕でよかったらブログ運営の相談に乗りますので、本気の人だけ熱いメールくださいな。(暇じゃないので、気軽にされると困っちゃう)

日記のようなブログじゃなくて、夢を叶えるためのやつね。

アドバイスはできないけど、一緒に考えることは出来るはず。