ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

満員電車の通勤時間を有意義に過ごすには・・・これ!

駅まで歩いて15分(急坂あり)

満員電車で揺られること30分(もちろん立ってます)

 

会社につく時が1番疲れている気がする今日この頃。

 

スマホのヘルスケアというアプリで歩数を確認できますが、だいたい1日6000歩です。

健康には良いですね。

在宅で仕事をしていたときは、1日1000歩くらい。

本気出したら200歩くらいでしたから。

 

さて、満員電車で有意義に過ごすにはどうすれば良いでしょうか。

選択肢は限られています。

 

少しまわりを観察すると、スマホをいじってる人がほとんどです。

ゲームをしてたり、ネット記事を読んだり、中には映画を見てる人もいます。

あとは音楽を聴いてる人。

本を読んでる人。

寝てる人。

ぼーっとしてる人。

これくらいに絞られます。

 

朝は頭が働かないので、ネット記事を読んだりする気もおきません。

情報を入れることすらしんどいのです。

結局のところ、ぼーっとしながらでも読める本をスマホで読む。

という選択肢しかありません。

 

僕がそんなときにおすすめしたい本は「天才たちの日課」です。

過去の小説家や画家やイラストレーターなどたくさんのクリエイターの1日が紹介されています。

友人や家族に当てた手紙などの資料から書かれているので、おもしろい言葉がたくさんあるんです。

 

例えばゴッホだと弟への手紙でこんな言葉を残しています。

「毎日は、仕事、仕事で過ぎていく。

夜にはへとへとになってカフェへ行き、その後はさっさと寝る!

人生はそんなものだ。」

 

ひとりひとりのエピソードは短くまとめられているし、特にメッセージ性もないし、とてもおすすめですよ。