読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

映画「ルーム」ネタバレなしの感想/レビュー

映画の感想

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でルームを見たんだよん。

 

一見親子のハートフルムービーに見えますが、実は7年もの間監禁されている親子の物語なのです。

 

母親役のブリー•ラーソンはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされてるくらいこの作品で評価されてます。(その後、主演女優賞を獲得!)

それと同じくらい、いやそれ以上に目立っていたのが息子役のジェイコブ•トレンブレイ。

芦田愛菜ちゃんもすごいと思ってましたが世界は広いということをまざまざと見せつけられました。

 

これはとてもせこい作品です。

そりゃ気になるわい!て感じの話の展開で完全に映画の中に入っている自分がいました。

その証拠にそれまで痛かったはずの肩や腰の痛みがまったく感じませんでした。

なんということでしょう!

 

観客のみんなが映画に手玉に取られているのがわかりました。

感情を手のひらで転がされてるというか。

 

そして帰り道で前の人が名言を言い放ちました。

「まばたきするのも、もったいない」

 

 おすすめ関連記事