読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

コンテスト情報サイトまとめ【漫画に映像、アニメーション、デザイン、企画、アイデアなど】

創作活動 コンテスト/映画祭

f:id:Rosylife:20150922020252j:plain

みなさんはコンテストやコンクールに応募したことはあるでしょうか?

 

僕は「国旗まん」を作ったときに始めてコンテストを探したんですが、

映像やデザインや漫画以外にもたくさんのコンテストがあることを知りました。

 

キャラクターやロゴマークのデザインから、食べ物のレシピのコンテストなどもあり、時間があればやってみたいものがたくさんあります。

 

おもしろいところだと

次の震災まで数年と仮定し、安全で快適な街を創る新しいアイディアを募集します。

とか。

乗って楽しい未来エレベーターコンテストなんてのも。

 

今日はそんなコンテストが見つかるおすすめの情報サイトをまとめてみたので、時間がある人やアイデアがある人は応募してみたらどうでしょ??

学生も参加して受賞すれば就職活動に有利かも★

 

スポンサーリンク

 

登竜門

僕が一番よく見るサイトで、映像のコンテストも頻繁に更新されていますし、

サイトも見やすいです。

逆に言えば応募数を増やしたいなら登竜門に載せればいいのになぁ、とも思うくらい。

 

スマートコンテスト

コンテスト情報ならスマートコンテスト

ここも見やすいサイトでおすすめ。

COMPEDIA

「特徴から探す」っていう検索が出来ます★

公募ストック

 

公募ガイド

公募/コンテスト情報なら公募ガイドONLINE

 

コンペナビ

公募特急きらり

渋いサイトに違わぬ渋いコンペ情報がずらり!

チャレ得情報

コンテスト・コンクール・募集情報がいっぱい!「チャレ得情報」応募種類別

 

コンテストに応募する際の注意点

コンテストはしっかり規約を見て応募しましょう。

 

キャラクターデザインのコンテストなどで受賞した場合はすべての権利を渡すことになります。

例えコンテストで受賞しなくても著作権を渡さないといけないコンテストもあります。

 

自分が考えたキャラクターやデザインが落選して、しかも著作権まで奪われるなんて僕には耐えれないので、気をつけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

かぶってるコンテストもたくさんありますが、たくさんのコンテスト、コンペがあることがわかると思います。

 

最近はプロブロガーだったり、webライターだったり新しい仕事の形が増えてますが。

コンテストやコンペで賞金を稼いで生活するバウンティハンターみたいな人はいるんでしょうかね。

 

かっこいいなぁ、バウンティハンター。

響きがかっこいいなぁ。