読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

ライオンとトラどっちが強いか問題に決着をつける!

動物

f:id:Rosylife:20150910221228j:plain

小さい時から「動物博士」と呼ばれ続けてきた動物好きの僕がついに、

もしライオンと虎が対決したらどちらが勝つか

という永遠のテーマに終止符を打とうと思います。

科学的な分析、様々なシミュレーションをイメージすることで、誰も出せなかった答えを導きだすことに成功いたしました。

さっそく研究結果をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

 

データから違いを比較してみた

  • 大きさ

 鼻先から尻尾をぴーんと伸ばした先までの全長

ライオン 246cm-284cm 平均274cm 最大記録333cm

トラ   270cm-315cm 平均300cm 最大記録322cm

 

  • 体重

ライオン 145-225kg 平均185kg 最大記録313kg

トラ   185-260kg 平均222kg 最大記録388kg

 

  • 肩の高さ

ライオン 81-123cm 平均104cm

トラ   91-99cm   平均95cm 

 

  • 足のサイズ

ライオン 12cm

トラ   16.2cm

 

  • 爪の長さ

ライオン 7cm

トラ   9.2cm

 

  • 牙(犬歯)の長さ

ライオン 6cm

トラ   7.2cm

 

参照サイト

BigCats | . Informed . Opinions .

 

怖いエピソード比較

  • ツァボの人食いライオン

ゴースト&ダークネスという2頭のライオンによって

130人以上が殺されたという事件。

 

  • チャンパーワットの人食い虎

ネパールとインドで起きた事件。
436人の人々を殺害した記録を持ち、

この記録は一頭による人喰い記録で最も多い。

 

【百獣の王】ライオンのアピールタイム

f:id:Rosylife:20150910221257j:plain

ライオンのオスは戦うために生まれてきたと言っても過言ではない。

群れの王者をかけて常にオス同士の戦いが宿命づけられているんだよ。

格闘のために進化を遂げたふさふさのたてがみがあるからトラの攻撃なんて気付くことすらないだろう。

そもそもトラは狩りの方法は知ってても戦い方は知らないんじゃないか?

ヤンキーとプロボクサーを比べちゃいかんよ。

ライオンのオス1匹でリカオンを8匹殺した記録もあるんだよ。

それにアニマルプラネットが専門家の意見をもとに作ったシミュレーションではライオンが勝利している。映像はこちら

専門家の意見だよ?おわかりかね?

 

【神の化身】トラのアピールタイム

f:id:Rosylife:20150910221320j:plain

俺たちは生涯一匹で生き抜いていかなくてはならない。

ライオンのオスがゴロゴロしてる間にジャングルを歩きまわり、シカや牛からワニやヘビ、ゾウにサイにクマやオオカミまであらゆる動物を食ってるんだ。

磨きあげられた柔軟で強い筋肉は 走力、敏捷性、跳躍力などすべての面でライオンを凌ぐと言われているんだぜ。

それにシベリアに住むアムールトラは体も大きく毛皮も分厚いからライオンの攻撃なんて効かないね。

ライオンなんてタテガミ以外はうっすーい皮膚もろだしじゃん。

ローマ時代にはトラ対ライオンの見せ物が頻繁に行われたが、その多くはトラの勝利だったと言われているんだぜ!

 

まとめ

やはりローマ時代に闘技場で行われたとされる見せ物でトラの勝率が高かったという話が一番信憑性の高いエピソードではないでしょうか。

しかも戦ったのは今のライオンよりも体格の大きいとされる絶滅種のバーバリライオンだというんですから、普通に戦えばトラが有利と見るのが妥当だと思いますし、実際そういう意見のほうが圧倒的に多いです。

 最強の矛と最強の盾

トラのほうが全身の筋肉が優れていて、噛む力も強く、脳みそも大きいということがわかっていますし、トラの攻撃は息の根を止めることに特化していて、バッフォローの首を噛んで瞬殺してしまう動画もあります。

 

対してライオンの武器はそのふさふさのタテガミです。

ライオンのタテガミは敵を倒すことで自信がつき、ホルモンの影響で長く黒くなると言われています。

つまり強ければ強いほどふさふさで防御力もアップするわけです。

 

個体差について

トラは狩りをして生きていくので、どの個体も高い運動能力が備わっています。

逆にライオンは放浪して死肉を漁る腹ペコのものや群れの王者として長年君臨するものなど、個体に大きくバラつきがあります。

 

こういう動物の最強を語るときは個体差を考慮したグラフで語らないといけません。

 

僕が開発した個体の強さの分布図を表したグラフをお見せしましょう。

これをアニマル・ストレングス・グラフと呼びます。

f:id:Rosylife:20150911005240j:plain

上に行くほど強く、横幅が広い所が多くの個体が存在するところ、

つまり平均値を表しています。 

 

答え

アニマル・ストレングス・グラフを見てもらえれば一目瞭然ですね。

 

平均的にトラの方が強く、

上位同士の争いでもトラが勝つ可能性が高い。

でも最強同士ならライオンが勝つ。

というのが答えです。

 

ライオンの最大級の個体はアムールトラにひけをとりません。

体が最大クラスに大きく、数多くの実践をこなしてきた百戦錬磨のライオンなら、

同じ大きさのアムールトラを負かすことも出来ると考えます。

ライオンのほうが実践を積む機会は多いのですから、経験値が違います。

 

そして、家族という守るべき存在がいる。

この差は大きいでしょう。

 

はい、これにて決着!!

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます