読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

ヒックとドラゴン2のDVD ネタバレなしのレビュー/感想

おすすめ長編アニメ

こんにちは、CGデザイナーやりつつ自主制作アニメを作ったりしてるありと申します。

 

7月3日に解禁されたヒックとドラゴン2のDVDをさっそくレンタルして観たのでレビューしちゃうんです。

ヒックとドラゴン2 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

ヒックとドラゴン2 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

 

 前作は日本での興行収入はかんばしくなく、知る人ぞ知る作品でしたがそのおもしろさから口コミでじわじわ人気は広がり、ヒックとドラゴン2を日本で劇場公開してほしいという署名まで始まりました。

海外では大人気なのですが残念ながら日本では劇場公開ならず、こうしてDVDで観ることに。

 

前作から5年。。物語のなかでも時間が進んでいてヒックは男らしい青年になっています。

前作は僕のおすすめ海外アニメランキング5位という歴史的な傑作だったので当然期待は膨らみますが、ヒックとドラゴン2は果たしたどうだったのかというと。。。

 

 これまでのCGアニメ映画にない本格派でリアルなファンタジーアドベンチャー!!

に仕上がっていました。

どういうことか説明していきます。

あらすじ

前作から5年後の世界、すっかり青年になったヒックはトゥースと空を飛び回り世界地図を描いています。

そこで見つけたのは氷で破壊されたひとつの村でした。。

そこで出会った男はこんな感じのことを言ってた気がします。

「ドラゴがドラゴン軍団つくってるんやでぇ、めっちゃ怖いんやでぇ~」

 

映像美

映像の綺麗さと迫力、ドラゴンの質と量とも前作を超えています。

特に大きなドラゴンが出てくるところは必見。

ドラゴンが無数に出てきます、出てきすぎてありがたみがない程です。

 

ストーリー

ストーリーはハラハラさせられる展開が息つく暇もなく押し寄せ、どうなるんだろうと心配になっちゃうくらいです。

ドキドキハラハラ感はアニメ映画の域を超えもはやサスペンスレベルです。

アニメーションもまるで人間のような生っぽい動きをするのでリアルな本格派だと感じたのでしょう。

 

全体的にCGアニメ映画は子供向けのハートフルな作品が多いと思いますが、このヒックとドラゴン2はロードオブザリング的な重厚なファンタジーに少し寄っている印象です。

 

かっちょいいドラゴンが飛んでればそれだけで満足なのですが、あえて気になる点を申しますと。。。

 

悪役が全然怖くない

 

悪役にも色々なタイプがあると思います。

魅力的な悪役だったり、頭が切れる悪役だったり、とにかく非道で恐ろしいパワーを持つ悪役だったりするものですが、ヒックとドラゴン2に出てくる悪役のドラゴはキャラクターデザインもいわゆる普通のごろつきで、対して怖くありません。しかも対して強くないし。。

この悪役の設定というか背景が描かれてないので、悪役の野望みたいなのもよくわからないのが気になりました。。なぜ戦っているのか、何をしたいのかがよくわからず、ごろつきみたいな格好なのに100万の軍隊を持ってたり。。

 

大人向けな部分があるからこそ、展開がちょっと強引な感じもしました。

続編の予言

ヒックとドラゴンは3部作ということで(もしかしたら4部作になるかもらしい)

続編でも今回出てきた悪役が登場するらしいので、そこで大いなる野望や背景が描かれるのかもしれません。

もしかしたら今回の悪役は対した存在ではなくドラゴンボールでいうところのドドリアみたいな存在なのでは。。

 

そしてほぼ間違いなく、ナイトフューリー唯一の生き残りと言われているトゥースの仲間が出てくるでしょう。王道パターンでいけばメスと出会って子供を生むパターンが有力ですが。。

あと主人公のヒックも1作目ですでにアスティと恋人になってるので、こちらも結婚して子供が生まれてるかも?

まとめ

正直全体的なストーリーのまとまり具合は前作の方が好きでした。

各キャラクターの個性が描けていたし、主人公の成長もわかりやすかったので。

今回はちょっと大味でしたが、だからこそ迫力やスケールは増しているとも言えます。

 

ハリーポッターやパイレーツオブカリビアン、ロードオブザリングのように、続編が出たらとりあえず見る。そんな領域のファンタジー映画だと思いました★

 

 ヒックとドラゴンと同じくらい面白い短編アニメはこれ↓