読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

どうしても、最高の物語を作りたいんだ。

ピクサーとスティーブ・ジョブズの意外な関係とその戦略

CGアニメ

f:id:Rosylife:20150616011758j:plain

こんにちはCGデザイナーやりつつ短編アニメを制作中のありと申します。

 

スティーブ・ジョブズさんがお亡くなりになった後、テレビなどの特集で「ピクサーもジョブズが創った!」みたいなのを見た方も多いのではないでしょうか。

 

とはいえ具体的に何したかまでは知らない人も多いと思いますので、ピクサーの社長エド・キャットムルさんの本「ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法 」を読んで創造する力を手に入れたと思い込んでる僕がざっくりと簡単に説明してみたいと思います。

 

ちなみにこの本は「これを読めばピクサーみたいなおもしろい物語が作れるよ!」みたいな本ではなく、ピクサーの歴史とマネジメントのこと、ジョブズとの思い出、みたいなものが書かれています。

 

スポンサーリンク

 

ピクサーの歴史

スターウォーズでおなじみのジョージルーカスが設立したルーカスフィルムですが、ジョージルーカスの離婚により発生した莫大な慰謝料が原因で事業を縮小せざるを得ない状況になります。

そうして売却されることになったのがコンピュータ部門だったピクサーで、買収したのがアップルを解雇され次に賭けるべきものを探していたスティーブ・ジョブスでした。

 

元々スティーブジョブズの考えはアニメーションスタジオをつくることではなく、アップルに対抗する次世代の家庭向けコンピュータをつくることにあったようです。

 

こうしてピクサー・イメージ・コンピュータを販売する事業として新たなスタートを切ったのですが、思うように売れず赤字が続きました。

スティーブジョブスが5400万ドルもの大金を自分のポケットから会社に注いでくれたおかげでなんとか存続できるような状況でした。(3度ほど売却しようとしたそうですが。。)

 

そこでピクサーは大きく舵をきることになります、ハードウェアの販売をやめ、違う場所に飛び立つことを決めたのです。

ピクサーの現社長エド・キャットムルはその時の心境を著書「ピクサー流 創造するちから」の中でこう綴っています。

 

次に降り立つ場所が我々の体重を支えられるかを知る術はない。

この飛躍を後押ししたのはただひとつ、自分たちが最初からやりたくてしかたのなかったことをとことん追求するという決意だった。

つまりコンピュータ・アニメーションだ。

 トイストーリーの誕生とジョブズの戦略

こうしてCGアニメーションで勝負することを決めたピクサーはジョン・ラセターの作った短編アニメやCMなどでクリエイティブな賞をとることにより実績を作り、ついにはあのディズニーからある話が舞い込んできたのです。

「ピクサーが長編映画を作り、ディズニーのものとして配給したいんやわ。どない?やってくれへん?」

 

そうして作られたのがトイストーリーです。

 

これまで、ピクサーにはほとんど関与しなかったジョブズがここで動きます。

ジョブズは言いました。

「トイストーリーを公開する前に株式を公開しよ」

 

ジョン・ラセターとキャットムルは反対しました。

「2、3本獲ってからにしよ」

 

ジョブズは答えました。

「今こそやるべきやで」

 

ジョブズには戦略がありました。

「トイストーリーがヒットすれば、ディズニーは怖いライバルだと感じてパートナーとして手元に置こうとするやん?

そしたらもっと有利な条件で契約できると思うんやわ。

具体的に言ったら、興行収入をディズニーときっちり折半にしたいんねん。

その為には制作予算の半分を用意せなアカン、だからこそ新規株式公開(IPO)しかないんやでーーーっ!!」

 

そして、トイストーリー公開の1週間前に株式を公開。

ピクサー初の映画が興行収入記録を打ちたて、IPOによって1億4000万ドル近い金額を調達することに成功します。

さらに、ジョブズの思惑通りディズニー側から「契約を見直してピクサーと提携関係を結びたい」という申し出があり、折半という条件ものんだのです。

 

ピクサーをディズニーに売ろうと提案したのもジョブズです。

「世界中の映画館で上映するためのマーケティングと配給を行うパートナーが必要やし、合併によって大きく安定した舞台が用意されるねんで」

 

ジョブズはさらにジョンラセターとキャットムルにディズニー・アニメーションとピクサーの両方の経営を任せるという提案もしていました。

当時低迷していたディズニーはその後キャットムルを中心に一から制作体勢を見直すことにより「塔の上のラプンツェル」「アナと雪の女王」などのヒット作品を生み出し、見事蘇ったのです。

 

ジョブズはよく傍若無人のように取りざたされますが、ピクサーの創造する力を尊重し会議などには参加しませんでした。

試写会のあとにコメントすることがあったそうですが、決まってこう前置きするのです。

「自分は映画づくりに関しては素人だから、まったく無視してもらっても構わないが・・・・」

 

さらにジョブズはピクサーのスタッフにこう漏らしたことがあるそうです。

「生まれ変わったらピクサーの映画監督になりたい」

 

 ジョブズとピクサーの関係はあまり知られていませんが、監督たちとは太い絆で結ばれていて、ジョブズにとって特別な場所だったようです。

 

 ピクサーの原則が名言ぽい

「ピクサー流 創造するちから」には巻末付録としてピクサーの原則なるものが書かれていますので、気に入ったものを抜粋して紹介しちゃいます。

 

会議室より、廊下で真実が語られているとしたら、会社として問題がある。



信頼とは、相手が失敗しないことを信じるのではなく、相手が失敗しても信じることである。

 

間違っても安定を目標にしてはならない、安定よりもバランスのほうが重要である。

 

 

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

 

日本のジョン・ラセターと呼ばれている気がする僕の作品はこちら