ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

CGデザイナーの仕事の未来と将来性をプロが真剣に考えてみた

f:id:Rosylife:20150518235118j:plain

CGデザイナーのありまと申します。

現在、様々な場所で3DCGが使用されていますけど、実際のところCGデザイナーの将来性はどうなのでしょうか?

しがないCGデザイナーの僕が考えたところで参考になるか怪し過ぎるけど、ちょっと考えてみよう。

 

ゲーム業界

ゲーム業界はスマホアプリが人気ですし、Unityアンリアルエンジンが無料で使えるので自分でゲームを作ってみよう!なんなら3DCGのモデルを作ってみよう!

なんてゆー人も増えてきています。

逆に言えば次から次にゲームアプリが出てくるので競争も激しくスマホアプリに専念してる会社はちょっと不安を感じます。

今ブームになってるものってそのうち廃れるものなので。

大きい会社でPS4などの人気ゲームに携わるならけっこう安定していると思いますが。

 

アニメ業界

アニメだとCGアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」がヒットしたり、CGで手描きアニメのように見せるセルルックアニメも増えてきてますし、これからますますCGが使われていくことが予想されますが、手描きのアニメーターのようにどんどん給料が減っていく恐れも考えれます。

すでに海外と提携することで人件費を抑えるという会社も出てきていますしね。

 

3Dプリンターの将来性

今業界で最も熱い視線を送られているのは3DプリンターとVR(バーチャルリアリティ)ではないでしょうか。

3Dプリンターが出てきた当初「お、これでCGできる人はみんなフィギュア屋さんになれるってことか?」とか思ってたら、やっぱりすぐにフィギュア屋さんをする会社が一杯出てきましたね。

 

日に日に進化してる3Dプリンターですが、どんなものが作られているかと申しますと。

フィギュア、ギプス、義足、銃、家、お菓子、服、化粧品、頭蓋骨、車。。

もはやイメージすらわきません。。。

 

とはいえまだまだ過渡期でこれからの分野ですので価格や強度など、さらに改善されていくでしょうから、いくら安い3Dプリンターが出たからといっても今はまだ早いかな。。

僕も自分でモデリングしたものを出力サービスを利用して出力してみましたが、値段とクオリティにまだまだ満足できるものではありませんでした。

 

でもスカルプトモデリングのソフトも簡単なものがあるし誰でもやろうと思えば出来るので、めちゃくちゃうまいモデラーさんならともかく、CGデザイナーの優位性がどこまであるか。。。

 

VR

ソニーからプレステVRが発売されたことで一気に認知度が上がったように思います。

僕も体験してみましたが、「これはやばい」と思いました。

完全に新しい世界の門が開かれたと言っていいでしょう。

でも、まだ液晶画面が目の前にあるだけなのですぐに目と頭が痛くなるので、これをどうやって解消するのか。。

3D映画のように思った以上に流行らない可能性もあります。

 

パチスロ

規制強化によって倒産する会社も出てきたり、若者の客も減ってたりして「斜陽産業」と表現されています。

今はパチスロの仕事も多いですが、将来性には不安がありますね。

 

テレビ

テレビも最近は見ない人が増えてますし、テレビやCMの予算もどんどん減っていってるなんて噂も聞きます。

でも、一定の視聴者はこれからもいるのでパイプの強い映像制作会社さんなら将来も安定してる気がします。

結局人脈というかパイプが大事なんです。

 

音楽業界

CDが売れないのでミュージックPVは売れっ子じゃないとCGなんて使ってられないのではないでしょうか。

でも、ライブ市場は活気があるようなのでライブでスクリーンに流れる映像なんかの需要はこれからもあると思います。

これからはライブのように「体験にお金を払う」時代です。

 

CGはより簡単になり単価も安くなる

これから(今もすでに?)CGは誰でも安く簡単に作れるようになります。

今でもフリーの素材やモデルはたくさんありますが、将来的にはわざわざ作らなくても大抵のものはダウンロードできちゃうでしょう。

モデリングするにしても無料ソフトのbrenderやSculptrisみたいなのがありますし、今後はさらに進化してタブレットやスマホで指でちょちょいとするだけで出来たり、手で粘土をこねるようにCGのモデリングが出来たり、原物があれば3Dスキャンするだけで良くなると思います。

モーションだって、簡単にモーションキャプチャが出来ちゃうツールが出てくるはず。

これからは誰もが簡単に映像を作れるようになるので単価も下がります。

 

 

それではどうやって生き抜いていくか

映画をつくるような大きな会社や人気ゲームをつくる会社でばりばり働きたい人は心配なさそうです。

まだまだ伸びていくと思うので。 

それに、映像業界ではmayaと3dsmaxという高価なソフトが牛耳ってますからね。

価格がやたら高いのは参入障壁と言えるのかも。

でもblenderが流行れば流行るほど「小さい仕事の単価は安くなる」でしょうねぇ。

副業でCGやるような人が増えるでしょうし。

 

色んな仕事を請け負うような、小さい映像制作会社は他と差別化できるような技術かオリジナリティを出していくかしないと生きていけないでしょう。

例えばモックスモーションという会社ではモーションに特化することで差別化することで実績を上げています。

ハッピープロジェクトという会社はオリジナルコンテンツが人気になっています。

 

うちの会社もそうですが、仕事を請けつつオリジナルコンテンツで模索を続けているところが多いのではないでしょうか。

 

参考記事

センス抜群な映像制作会社のおすすめオリジナルアニメ 

 

CGデザイナーの未来

これからはCGデザイナー個人でも仕事を取れるようにする。

というのも大事になってくると予想します。

会社に属していたとしても、例えば友達のつながりで仕事が入ってくれば会社の仕事として受けれるようにするとか。

そうやって色んな業界とつながって使われる作業員ではなく、ひとりのクリエイターとして存在感を増していく必要があると思います。

最近よく言われる「個」の力ってやつです。

 

大きな仕事は減っていくので、個人と個人が繋がる時代がくるでしょう。

小さな個人が運営するネットショップのwebCM作ったりとか。

CGデザイナーとプログラマーがタッグを組んでアプリを作るとか。

細かい仕事をとりあうことになるんじゃないかな?

そのためにはネットで繋がることができるようにブログやtwitterで発信していくことが大事になってくると思います。

最近、日本でもはやってるインスタで動画を投稿するのも面白いかもしれませんね。

もうyoutubeには動画があふれすぎてるので。

 

 

それでもやっぱり個性を感じるものを発信しないと注目されないけど。。

 なかなか大変なことです。

僕も今、ブログやインスタで自主制作アニメや創作活動を発信することでおもしろい縁が生まれないかなぁ?と期待してやっています。

今んとこ何も縁はないですけど。

 

まとめ

つまり、これからはサバイバルの時代。

未来がどうなるかなんて誰もわかってません。

それに将来ずっとCGデザイナーである必要もないと思います。

「CGも作るし、他の仕事もする」という働きかたが増えるはず。

 

個人がなにか面白いことを起こせる時代なのです。

動画コンテンツの力は依然強い。

あとはその人しだい。

AIだとかロボットだとかがこれから人の仕事を奪うって言うけど、クリエイティブな仕事や娯楽は奪われません。

人を楽しませれる人なら将来も明るいと思います。

趣味と合わせて映像を発信すれば注目されるかもしれません。

SNSをつかってる人ならさらに有利になるでしょう。

 

あなたが考える「人を楽しませる方法」に3DCGが使えるなら希望に満ちた未来しかないんじゃない?

 

そんな僕の自主制作アニメがこちら

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016 優秀芸術賞受賞作品「New」