読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありんとこ

最高の物語を作ろうと思うんだ

森博嗣さんの時代劇小説【ヴォイドシェイパシリーズ】の順番

 前から気になっていた小説家の森博嗣さんの小説を読んでみました。

「ヴォイドシェイパシリーズ」と呼ばれているものです。

森博嗣さんは長年、大学の研究者をやってたこともあって、ちょっと難しめな物語が多いのかなぁ、とか思って僕でも読めそうなものを探してみました。

そこで見つけたのがこのヴォイドシェイパシリーズでした。

 

たしかにサクサク読めます。

時代劇といっても、武芸者が旅をする話で、リアルなんだけどファンタジーな世界観です。

1日1日を丁寧に描写されていて情景がイメージしやすい。

「あぁ、旅をしてるんだなぁ」って。

 

なんというか、漫画の1巻のような感じであっさりと終わってしまいました。

もっと1冊ごとになにか大きな出来事があって、解決して終わるのかと思ったのですが。「あれ?終わっちゃった」でな感じです。

いわゆるバガボンドの小説版のような印象を持ちました。

この時代を生きてみたかったなぁ、とか思いをはせてしまいますね。

テレビや携帯やネットがなければ、それはそれで面白い世界だろうなぁ。

そこに行って、人に話しを聞かないとわからないことばかりですもんね。

 

途中で、主人公がやたらと考えこんだりするところがグダグダと続くのはちょっと気になりましたが、色々人生に悩みがちな人や若い人ならそれも心に響きそう。

さて、続きを見ようかな、と思っても1巻とか2巻とか書いてるわけじゃないので順番がわかりません。

調べたみてやっとわかったので、メモがてらに書いておきます。

順番 

ヴォイド・シェイパ

ブラッド・スクーパ

スカル・ブレーカ

フォグ・ハイダ

マインド・クァンチャ

 

なんか一気に全部読んでしまいそうな勢いです。

ゴールデンウィークに読もうかなっと。

 

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)